“炎上”の長友が汚名返上ならず…再び現地メディアに酷評される

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年05月08日

PK失敗のカンドレーバとともにチーム最低評価のメディアも。

4試合連続でスタメンだった長友。しかし、前節のミスを払拭するような活躍は見せられなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 汚名返上とはいかなかった――。インテルの長友佑都が前節のリベンジを果たせなかったのだ。
 
 日本代表DFは4月30日のナポリ戦で決勝点に繋がる凡ミスを犯し、さらにその2日後にツイッターで自身の批判に対して反論。これでSNSが“炎上”するなど、サポーターの槍玉に挙がった。
 
 それでも、レギュラーの左SBクリスティアン・アンサルディが故障離脱中のため、5月7日のジェノア戦でも4試合連続のスタメン出場。名誉挽回のチャンスを得た。
 
 しかし、インテルは序盤から攻め込みながらゴールを奪えず、逆に70分にOBのゴラン・パンデフに先制点を決められる。さらに83分にはアントニオ・カンドレーバがPKを失敗し、試合は0-1で終了。これで7試合未勝利(2分け5敗)と泥沼だ。
 
 82分までピッチに立った長友も精彩を欠き、攻守でインパクトを残せなかった。試合後にはイタリア・メディアに2試合連続で酷評されている。
 
 まず『トゥットメルカート・ウェブ』の採点は、カンドレーバと並ぶチーム最低の4.5点。「先週のナポリ戦のミスを取り戻そうとした。しかし、失敗した」と寸評された。
 
 また、『カルチョメルカート・コム』は5点とし、「前半から全体的にラゾビッチに対して受け身になった。そして、後半も改善は見られなかった」と評価した。
 
 この2つと比べれば『FCインテル・ニュース』の採点は5.5点とまだ高い。ただ、「ラゾビッチにスピードと争い、少なくとも守備では良い戦いを見せた。しかし、反対にボールを持った時は、クオリティーの悪さに目新しさはなかった」と厳しい寸評が付いていた。
 
 チームと同じく厳しい時期を過ごしている長友。5月14日のサッスオーロ戦では、今度こそ名誉挽回なるか。

【ハイライト動画】長友が4試合連続スタメンも、攻守でインパクトを残せず|ジェノア 1-0 インテル
【関連記事】
「チケット代を払った6万人にそれを言えるか?」 批判に不満を表した長友のツイッターが炎上
ネイマール妹と“キス写真”のインテルFW、「恋愛している場合か!」と皮肉られる
生々しい下着姿で…ユーベDFの美人妻のセクシーショット投稿が話題に
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たちを一挙に紹介!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ