【欧州蹴球4コマ漫画】ダービー敗戦のアーセナル、宿敵を脅かした唯一の選手とは?

カテゴリ:メガクラブ

JERRY

2017年05月01日

堂々とした態度でプレーを続けたのは…。

 人気イラストレーターのJERRYが、欧州サッカーをファニーな4コマ漫画で切り取る「GOOD TIMES BAD TIMES」。
 
 第37回は、ノースロンドン・ダービーでの一幕に焦点を当てる。
 
 4月30日に行なわれたノースロンドン・ダービーは、2-0でトッテナムが宿敵アーセナルを退けた。
 
 試合開始直後から圧倒され続けたアーセナルは、この敗戦によって残り5試合で2位のトッテナムを上回れないことが決定。1994-95シーズン以来、21年ぶりにライバルよりも下の順位でシーズンを終えることが確定した。
 
 ダービー史に残る屈辱的敗戦を味わったアーセナルにあって、孤軍奮闘したのがアレクシス・サンチェスだった。69分には相手MFのソン・フンミンが蹴ったボールをブロック。これがハンドのようにも見えたためトッテナム側は猛抗議をしたが、判定は覆らなかった。
 
 この日に限れば、ハンド疑惑に晒されながらも、筋骨隆々の肉体を揺らして堂々としたスタンスを維持したA・サンチェスだけが、トッテナムを脅かした唯一の存在と言っても過言ではないはずだ。
【関連記事】
【欧州蹴球4コマ漫画】メッシを倒したカゼミーロが「二枚目」ではなかった理由
人種差別被害で“試合放棄”のムンタリ「サポーターよりも主審に怒っていた」
【現地発】たとえゴールを決めなくても、久保裕也がヘント指揮官に愛される理由
21年ぶりに宿敵トッテナムよりも下位確定のアーセナル…ヴェンゲルは苛立ち隠せずインタビューを途中退席
スタッツでもスパーズが完勝! 歴史が動いたノースロンドン・ダービーをデータで読み解く

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ