リーガのイタリア人で10年ぶりハットトリック! G・ロッシは去就について…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年04月05日

1997年のヴィエリ、2007年のリガノーに続くハットトリック。

イタリア人では2007年のリガノー以来のとなる3得点を記録したG・ロッシ。(C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 現地時間4月3日、セルタに所属する元イタリア代表FWのジュゼッペ・ロッシが、リーガ・エスパニョーラ29節のラス・パルマス戦でハットトリックを達成。リーガで自身初となる快挙は、イタリア人選手として10年ぶりの記録という。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙が報じた。
 
 前半で2得点を挙げたG・ロッシは、後半にも決定的な追加点を奪ってハットトリックを完成させた。2007年から13年まで所属したビジャレアルでは、リーグ戦通算136試合に出場し、54ゴールを挙げるなど活躍。昨シーズン後半に所属したレバンテでも6ゴールを決めていたが、ガゼッタ・デッロ・スポルト紙によると、リーガでのハットトリックは169試合目にして初だという。
 
 レバンテからフィオレンティーナに帰還した昨夏、パウロ・ソウザ監督との関係が冷えていたG・ロッシは、移籍市場閉鎖間際にセルタにレンタル移籍した。
 
 しかし、今シーズンの公式戦で先発したのはわずか13試合(フル出場は5試合)のみ。出場自体は27を数えるが、短時間のプレーも多く、ラス・パルマス戦まで通算で3ゴールしか記録していなかった。
 
 そんなG・ロッシが今年に入ってハットトリックを記録したのは、運命のいたずらかもしれない。ガゼッタ・デッロ・スポルト紙によると、リーガで3ゴール以上をマークしたイタリア人選手は、1997年のクリスティアン・ヴィエリ(1997-1998シーズン、当時アトレティコ・マドリー)、2007年のクリスティアン・リガノー(2007-2008シーズン、当時レバンテ)に続く3人目。そう、イタリア人選手は10年ごとにリーガで“トリプレッタ”をマークしているのだ。(ヴィエリは1998年にも4得点を記録)
 
 レンタル元のフィオレンティーナとの契約は今シーズンいっぱいとあり、G・ロッシは夏の去就も注目されている。生まれ故郷でもあるアメリカのMLS移籍も噂されるが、現時点で本人はヨーロッパ、できればイタリアでのプレーを望んでいるようだ。
 
 G・ロッシはラス・パルマス戦後、『BeIn Sports』で「今シーズンはあと1か月半残っている。僕にとっては大事な時期で、集中しているんだ。時間はまだ残っている」と、まずは残り試合が優先と述べるにとどまった。
 
 ヨーロッパ・リーグ(EL)でベスト8に駒を進めたセルタは、最低でも12試合(リーグ戦10試合、EL2試合)を残している。不遇を託っていた中で飛び出したラス・パルマス戦でのハットトリック。これをきっかけに、G・ロッシは出場機会を得てアピールし、希望のクラブへの道を切り開くことができるだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ