「カネを稼ぐ大変さを思い出せ」スイス1部の監督が選手に工場見学を指令!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年03月15日

選手の態度に怒り心頭のイタリア人指揮官が下した決断。

昨夏に行なわれたEURO2016では、アシスタントコーチとしてアルバニアの奮闘を支えたトラメッザーニ。チームに変革をもたらすため、46歳のイタリア人指揮官は異例の命令を下した。 (C) Getty Images

画像を見る

「お前ら仕事しろ」

 チームのパフォーマンスが不甲斐ないとき、ヨーロッパではサポーターがこういったチャントを歌うことがある。「大金を稼いでいるのだから、しっかり仕事をしろ」というわけだ。
 
 スイス・スーパーリーグのルガーノを率いるパオロ・トラメッザーニ監督は、実体験からその意味を深く理解しなければいけないと言いたかったのかもしれない。大敗したチームに、朝6時からの工場見学を命じたのだ。スイス・メディアの報道をイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。
 
 ルガーノは現地時間3月12日に行なわれた敵地でのトゥーン戦(24節)で2-5と敗れた。前半だけで4失点を喫し、終了間際に2点を返すのが精いっぱいという完敗だ。勝っていれば5位に浮上し、さらにヨーロッパリーグ出場ラインとの勝点差を5に縮めることができたはずの一戦だった。
 
 大敗と選手たちの姿勢に、怒りが頂点に達したトラメッザーニ監督は、試合翌日にニスとペンキの会社の工場にチームを連れていった。理由は、「普通の人たちがいかに働き、稼ぐために汗を流しているかを見るため」。集合は、作業員たちの出社より早い朝6時だった。
 
 46歳のトラメッザーニ監督は、現役時代にインテルやトッテナムでプレー。指導者に転身後、2011年からEURO2016までアルバニア代表でジャンニ・デ・ビアージ監督のアシスタントを務め、今シーズンからルガーノで指揮を執っている。
 
 今回の件について、ルガーノのアンジェロ・レンゼッティ会長は「干渉したくない。トラメッザーニはチームに関して好きなようにやることができる」と、すべては指揮官が決めたことだと明かした。工場見学後、選手たちはトレーニング場へと向かい、3月18日のホームでのヤング・ボーイズ戦(25節)への準備に取り組んだという。
 
 リーグ2位の強豪との一戦だけに、作業員たちとの“交流”が、必ずしも勝利につながるとは限らないだろう。ただ少なくとも、ルガーノの選手たちが、ホームのサポーターとトラメッザーニ監督を納得させるだけのパフォーマンスを求められることは確かだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ