「政治的な理由で下された判断」欧州勢がW杯出場枠拡大に憤慨

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年01月11日

勝手な決定に「とても腹立たしい」と反対意見を投げかけたのは…

反対意見に対してFIFAのインファンティーノ会長は、「最初から全ての人に理解されるとは思っていない。少しずつ理解してもらえればいい」とコメントしている。 (C) Getty Images

画像を見る

 国際サッカー連盟(FIFA)は1月10日、2026年のワールドカップから出場枠を現行の32か国から48か国に拡大することを発表した。
 
 ジャンニ・インファンティーノ会長が昨年2月の着任時から推奨してきた出場枠の拡大案は、1月10日にスイスのチューリヒで行なわれたFIFA理事会にて正式に決定した。
 
 理事会終了後の会見でインファンティーノ会長は、「出場枠は16か国増えるが、その中にはワールドカップ出場を夢にも思わなかったような国が含まれるはずだ。そのチャンスが増えることで、より多くの国が出場を夢見ることができる」とコメントした。
 
 また、インファンティーノ会長は「フットボールの発展のためのポジティブな決断として、全会一致で承認された」と語ったものの、当初からこの改正案に反対していたヨーロッパ方面からは、さっそく反対の声が上がっている。
 
 ヨーロッパのクラブが加盟するヨーロッパ・クラブ協会は、「我々はワールドカップの拡大を支持しないことを改めて表明する。完璧なフォーマットである現行の32か国のフォーマットを変更するメリットが理解できない。この決断は、スポーツ的な理由よりも、政治的な理由で下されたと判断している」と、反対声明を出している。
 
 また、スペイン・プロサッカーリーグ機構のハビエル・テバス会長も、「FIFAとインファンティーノ会長がやっているのは政治だ。彼は自身の選挙公約に栄誉を授けたかっただけだ。プロサッカー界に対して誓ったはずの約束は、何も実行していない。我々の合意は得ていないし、とても腹立たしい」と痛烈に批判した。
 
 これらの批判的な意見に対し、インファンティーノ会長は次のようにコメントしている。
 
「いくつかの批判の声は上がっているが、私はポジティブな点に集中したい。我々は未来にいる。21世紀のためのワールドカップを作っていかなければいけない。現在のフットボールはとてもグローバルなもので、もはやヨーロッパや南米だけのものじゃない。ワールドカップ出場権を獲得した国の“フットボール熱”は、発展を促進する最も大きなツールである」
 
 なお、FIFAは大陸連盟ごとの出場枠配分などの詳細については、5月9日にバーレーンのマナーマで行なわれる理事会以降に決定するとしている。
【関連記事】
W杯出場枠、2026年大会から「48」に正式決定! 気になる大会方式と日程は?
C・ロナウドが「新恋人」を正式に初お披露目! いったい何者?
マラドーナ、W杯出場枠拡大に賛成! 一方でメッシには苦言を…
コンテがチェルシーの補強策に不満…後釜の座を密かに狙うのは?
内田篤人が練習試合でアシストを記録! 指揮官にアピール成功

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ