マラドーナ、W杯出場枠拡大に賛成! 一方でメッシには苦言を…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年01月10日

FIFA会長の推すW杯出場枠拡大案を「素晴らしい」と絶賛!

アワードの会場でインファンティーノ会長と笑顔でツーショットを撮るマラドーナ。会長に対して「腐敗したものをクリアにしてくれと話している」と明かした。 (C) Albert LINGRIA

画像を見る

 1月9日、スイスのチューリヒで行なわれた「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」に、元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナが出席。興味深いコメントを残した。
 
 国際サッカー連盟(FIFA)が2016年の最優秀選手賞など各賞を発表する同式典にプレゼンターとして登場したマラドーナ。イベント終了後には、ワールドカップ本大会出場枠の拡大について問われ、「素晴らしいアイデアだ。これまで参加できなかったような国にも出場の可能性を与えることができる」と語った。
 
 2026年大会から現行の32から48へ出場枠数を増やすという案は、昨年2月にFIFA会長に就任したジャンニ・インファンティーノが推奨。しかし、より多くのチームが加わることで大会のクオリティーが落ちることが不安視されている。
 
 しかし、マラドーナは「大会のクオリティーは変わらない」と、懸念を真っ向から否定。さらに「選手を尊重し、サッカーのためにいつだって手を尽くす男だ」とインファンティーノ会長を称賛した。
 
 なお、FIFAは、1月10日に行なわれる理事会でW杯出場枠の拡大について正式な答えを出すことを発表している。
 
 また、マラドーナは同アウォーズで多数のノミネート選手を抱えながら、1月11日に行なわれるコパ・デル・レイのアスレティック・ビルバオ戦に向けた調整のために式典出席をドタキャンしたバルセロナの面々について、次のようにコメントした。
 
「私はレオ(リオネル・メッシの愛称)に失望したよ。自宅でテレビを見ていたのでは誰とも戦えない。この場にいてこそ戦えるんだ。バルセロナがなぜ、このような重要なイベントに参加しなかったのか分からんね」
 
 アルゼンチン代表監督時代に直接指導した経験を持つメッシに苦言を呈したマラドーナ。その偉大な先達からの言葉を、メッシはどのように受け取ったのだろうか。
【関連記事】
C・ロナウドが「新恋人」を正式に初お披露目! いったい何者?
「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」の受賞者一覧
「オファーはいつでも待ってます」小野伸二が愛する古巣に熱烈メッセージ!
【現地1月9日の主な移籍】神童ウーデゴーが小林祐希の同僚に! ジラルディーノとR・カルバリョも新天地へ
ミランがウイング補強に動く! さらに窮地の本田はそれでも残留?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ