【鹿島】ペドロ・ジュニオールが完全移籍で加入。「人生において新たな一歩」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年12月27日

「人生においてもっとも難しい決断」

今季は神戸で11ゴール・10アシストの活躍を見せたP・ジュニオール。鹿島への移籍が決まった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 鹿島は12月27日、神戸のペドロ・ジュニオールを完全移籍で獲得したと発表した。
 
 2014年に韓国の済州ユナイテッドから神戸へ加入したP・ジュニオールは1年目は32試合で13得点をマーク。15年はグロインペイン症候群の影響で13試合で1得点の成績に終わったが、完全復活した今季は29試合で11得点を奪い、10アシストもマークした。
 
 P・ジュニオールは移籍するにあたって神戸の公式サイトで以下のようにコメントを残している。
 
「この瞬間が訪れることが、こんなにも難しいことだとは想像もしていませんでした。今日は人生においてもっとも難しい決断をしたことを報告します。このメッセージを伝えることは僕にとって簡単ではありません。僕が愛する偉大なるヴィッセル神戸サポーターのみなさん、僕のヴィッセル神戸での時間が終わりを告げる時がきました。神戸に来た日から今日までの3年間、多くの喜びに満ちた日々を過ごすことが出来ました。
 
 サポーター、スポンサー、クラブの会長、社長、フロントスタッフ、コーチングスタッフ、そしてチームメイト、多くの愛情と信頼で私を支えて下さったことに対し、心から感謝します。今は悲しみと寂しさでいっぱいです。私は、神戸で過ごした時間、街、サポーター、神戸に関わるすべての人達のことを胸に刻み、一瞬たりとも忘れません。本当にありがとうございました」
 
 また、Jリーグでは6クラブ目の所属先となる鹿島の公式サイトでは「鹿島アントラーズの一員になるという人生において新たな一歩を踏み出せることを大変嬉しく思っています。アントラーズは、ブラジル国内でも人気と知名度が高く、私自身のアイドルでもあったジーコ氏が所属したチームでもあります。そんな偉大なクラブが、強くあり続けるためにもベストを尽くし、貢献したいと思いますので応援よろしくお願いします」とコメントしている。

12月22日発売号の特集は「日本サッカー2017年の予言書」。巻頭インタビューでは大迫選手が鹿島アントラーズについても語ってくれています。

画像を見る

【関連記事】
清武が1月にセビージャ退団? 勝手知ったるブンデスに復帰か
【内田篤人】応援ツアーが急遽決定!!
主役は「爆買い」の中国勢…2年で8度も更新されたアジアの移籍金記録
2017年は日本代表、鹿島の脅威に!? “ジーコ”率いるタイ代表をFIFA公式サイトが特集
今年のドイツ人MVPはクロース! メディア、代表監督らが絶賛!!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ