サウスゲイト、イングランド代表監督の正式就任に「全力を捧げる覚悟」と意気込む!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年12月01日

元代表選手の就任は2000年のキーガン以来。

テストの意味合いが強かった4試合の暫定指揮を終え、正式監督に指名されたサウスゲイト。4年間の長期契約を無事に全うできるか注目だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間11月30日、イングランド・サッカー協会(FA)は、ガレス・サウスゲイト監督がA代表の指揮官に正式就任したことを、公式サイトで発表した。
 
 FAによるとサウスゲイトとの契約は4年で、2018年ロシア・ワールドカップやEURO2020でチームの指揮を執ることになるという。さらに英メディア『BBC』などによれば、年俸は200万ポンド(約2億9000万円)と報じられている。
 
 現在46歳のサウスゲイトは、現役時代にCBとしてクリスタル・パレス、アストン・ビラ、ミドルスブラなどで活躍し、イングランド代表としても57試合に出場した。
 
 監督キャリアは、2006年にミドルスブラで選手兼任監督としてスタート(同年に現役引退)させ、2013年からはイングランドU-21代表の監督に就任。今年9月には、英紙『テレグラフ』のおとり取材で“脱法行為”を発言したことにより辞任したサム・アラダイス氏の後任としてA代表の暫定監督に就任。4試合を指揮し、2勝2分けの成績を収めていた。
 
 正式就任が決まったことについて、サウスゲイトは以下のコメントを残している。
 
「正式に任命されたことをとても誇りに思う。だが、就任はあくまで通過点に過ぎない。私はこの任務を成功させたいんだ。選手たちと一緒に戦ってきたこの4試合を楽しめたし、今のチームには大きな可能性がある。サポーターたちが誇りに思い、成長を楽しめるようなチームを作るために私は全力を捧げる覚悟だ。この瞬間から私のハードワークが始まるよ」
 
 強い意気込みを語ったサウスゲイトを監督に任命したFAのマーティン・グレンCEOは「彼はこの4試合で素晴らしいパフォーマンスを見せていた。そして厳しい面接の人選プロセスにおいても、我々を納得させた。ガレスはFAを代表する偉大な人間で、フットボールにおいて素晴らしい戦術家でありリーダーである」と新監督の手腕と人間性を高く評価した。
 
 2000年のケビン・キーガン氏以来となる元代表選手の指揮官となったサウスゲイトの初陣は、2017年3月22日に行なわれるドイツとの国際親善試合となる。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月22日号
    11月8日発売
    2019年 Jリーグ
    移籍市場を賑わす
    目玉タレント
    湘南ベルマーレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月15日発売
    現地記者が緊急提言!!
    マドリー&マンUの
    「V字回復プラン」
    ヴェンゲル直撃インタビューも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24