バルセロナDF「ペップ時代のバルサは面白くなかった」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年12月01日

「ロナウジーニョやデコを擁してCLに制した時が最高だった」

ウムティティはスペクタクルなサッカーを望んでいるようである。 (C) Getty Images

画像を見る

 2008年から2012年まで、ジョゼップ・グアルディオラの下でバルセロナはクラブ史上で最も栄光に満ちた時代を過ごしてきた。

 リーガ・エスパニョーラ3回、チャンピオンズ・リーグ(CL)2回、クラブワールドカップ2回といった輝かしいタイトル歴だけでなく、その究極のポゼッションサッカーは世界を席巻。サッカー界の新たな潮流を生み出す、歴史的なものだった。

 流れるようなパスワークで相手守備陣を崩し、次々にゴールを生み出す様に、ファンは酔いしれ、「バルサ信者」は世界中に急速に増えていったが、一方でこのスタイルを好まない者が多々存在するのも事実である。そして当のバルサの内部にも……。

 今シーズンよりバルサに加入した、フランス代表のサミュエル・ウンティティは、子どもの頃からバルサ・ファンであり、移籍会見では「夢が叶った」と喜びを露わにしたものである。

 当然ながら、ペップ時代のバルサに酔いしれたひとりかと思いきや、「僕が好きだったのは、フランク・ライカールト監督が率いた時代のチーム」だと、カメルーンにルーツを持つ23歳のCBは語る。

「グアルディオラ監督時代よりもライカールト監督時代の方が楽しかった。ロナウジーニョやデコを擁してCLに優勝した時(2005-06シーズン)は最高だったね」

「ライカールト監督時代のバルサの、ボールのキープの仕方や回し方は、他では見られないものだったし、見ていてとても楽しかった。信じられないプレーが次々に見られたしね。それでも選手は、満足していない感じだったよ。あの頃の試合は、1試合たりとも見逃さなかった」

 当時の思い出を熱く語るウンティティだが、ライカールト去りし後、すなわちペップの到来以降は、その熱も冷めていったという。

「段々と面白さはなくなっていったね。バルサのサッカーは好きだけど、この10年余りのボールをキープし続けるスタイルは……。でも、ルイス・エンリケ監督になってからは、また進化を遂げたと思う」

 理想のスタイルを求めて、ウンティティは今、憧れのクラブで奮闘を続けている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ