“人類最速の男”ボルトが香川の同僚に? ドルトムントの練習参加をヴァツケCEOが認める

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年11月14日

ユナイテッド・ファンのボルト。サッカー選手への転身が本格化か?

お馴染みの“ボルトポーズ”がピッチ上で見られる日は訪れるのだろうか? (C) Getty Images

画像を見る

 陸上男子短距離の世界王者、ウサイン・ボルトが香川真司の所属するボルシア・ドルトムントの練習に参加することが正式に決まったようだ。独誌『キッカー』が伝えている。
 
 これまでにオリンピックでは9個の金メダルを獲得しているボルトは、「来年8月にロンドンで行なわれる世界陸上選手権で引退するのでは?」と言われており、セカンドキャリアとしてサッカー選手を目指すことを真剣に考えているようだ。
 
 ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、『キッカー』のウェブサイト上で、「これはジョークではないし、PRのための見せ物でもない。以前から温めていた案だ」とコメントし、ボルトの正式に練習に加わることを認めた。
 
 ヴァツケ氏によれば、今回の案は、ボルトとドルトムントの公式スポンサーを務めているプーマから持ち込まれたものだという。
 
 同氏は「プーマのCEOで、クラブの監査役員でもあるビョルン・グルデン氏から、何週間か前に話があったんだ。ウサインがチームの練習に参加したがっているとね。私は『問題ない』と答えたよ。嬉しいし、誇らしい話だよ」と詳細な経緯を明かしている。
 
 マンチェスター・ユナイテッドの熱烈なファンとして知られているボルトは、2012年にカーリントンにあるユナイテッドの練習場を訪れ、当時の指揮官アレックス・ファーガソンと会談し、「サッカー選手になるのが夢だ」と公言していた。
 
 すでにドルトムントのトーマス・トゥヘル監督と接触しているというボルトだが、参加する時期は未定。ヴァツケ氏も「話題にする必要はない」と実際に契約を結び、チームの一員になる可能性については明言を避けている。
 
 練習参加決定にあたり、「どうなるか、見てみよう」とボルトはコメント。以前から「足が速いだけじゃない、足下の技術にも自信がある」と発言し、そのテクニックに注目が集まっていた“人類最速の男”が香川のチームメートになる日がやってくるかもしれない――。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ