【名古屋】闘莉王が降格圏へ逆戻りのチームに警鐘。「よくここまで来たと言えばそれまで」

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年10月22日

「残留争いは最後まで行く。もうひと踏ん張りしないといけない」

闘莉王は「あまり良くなかった」と磐田戦を反省。残り2試合、「もうひと踏ん張りしないといけない」。 写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第2ステージ15節]名古屋1-1磐田/10月22日/豊田ス
 
 名古屋と磐田のJ1残留を左右するサバイバルマッチは、1-1の痛み分けに終わった。44分にPKで先制した名古屋だったが、後半開始直後に失点して試合は振り出しに。その後は磐田に押し込まれる時間が続き、何度か訪れたチャンスも逃してしまった。
 
 ディフェンスリーダーとして守備陣を牽引した田中マルクス闘莉王は、「どっちが勝ってもおかしくなかった」と振り返る一方で、チームの出来が決して良くなかったことを認める。前節の福岡戦で5-0と快勝を飾ったあと、3週間の中断期を挟み、「多少硬かったのもあるし、思い切っていけないところもあった」結果、苦しい展開になってしまったと分析する。
 
「僕から言わせれば、(磐田戦は)非常に大切な試合だった。最後の10分くらい、自分たちのサポーターを力にして、もう少しワクワクできるような展開にしたかったけど、何人か足を攣ったり、顔を出さないといけないところで顔を出さなかったり、蹴るんじゃなくてつながないといけないところでつながなかったり……。まあ、こういう(残留を争う)状況だからこそ判断は難しいんだけどね」
 
 2度のリーグ優勝やACL制覇、さらにオリンピックやワールドカップ出場など、数々の大舞台を経験してきた闘莉王でも、「(残留争いは)簡単にはいかないと改めて感じた」という。一時は降格圏を脱出したが、この日甲府が勝利を収めたことで、降格圏に逆戻り(得失点差で16位)。残留争いは、勝点3差に4チーム(磐田:33、甲府:31、新潟:30、名古屋:30)がひしめく大混戦だ。一瞬も予断を許さないからこそ、闘莉王は「もう少し責任を持ってやらないと」とチームメイトに警鐘を鳴らす。
 
「(残留争いは)泥臭く、最後まで行くんじゃないですか。よくここまで来たと言えばそれまでだけど、もうひと踏ん張りしないといけない。まだ戦いは続くし、残りふたつ、絶対に勝ちたい」
 
 最後に、「まあ、ここからですよ」と言い残し、スタジアムをあとにした闘莉王。残り2試合、希代の闘将は愛するクラブ、サポーターのために、持てる力すべてを注ぎ込む。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)

【名古屋 1-1 磐田 PHOTO】名古屋が先制するも勝ち越せず、再び降格圏へ
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ