【W杯欧州予選】ドイツ白星発進! ミュラー満足、キミッヒ感激、ゲッツェは…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年09月05日

EURO2016の時とは打って変わり、予選初戦で好内容の勝利。

左からゲッツェ、ミュラー、キミッヒ。ドルトムントではベンチを温めているゲッツェは、試合勘の欠如がもろに表われてしまった。 (C) Getty Images

画像を見る

 9月4日(現地時間)、ロシア・ワールドカップの欧州予選がスタートし、ディフェンディングチャンピオンのドイツは、アウェーでノルウェーを3-0で下して、白星スタートを切った。
 
 オスロでの一戦、主導権を握ったドイツは、15分にトーマス・ミュラーが先制ゴールを挙げ、前半終了間際にはヨシュア・キミッヒが追加点。後半にもミュラーが2点目を挙げるなど、バイエルンの2選手によるゴールショーで危なげなく勝点3を獲得した。
 
 優勝したブラジル・ワールドカップ後に臨んだEURO2016の予選では、ホームでの初戦でスコットランドに苦しみ(2-1で辛勝)、予選を通して強さを見せられなかったドイツだが、今回は敵地で快勝を収め、予選突破、そして世界2連覇に向けて好スタートを切った。
 
 試合後の、監督、各選手のコメントは以下の通り。
 
――◇――◇――
 
ヨアヒム・レーブ監督
 我々は非常に良いプレーを見せた。ノルウェーは非常に強いチームだが、我々はうまく対処できた。(2ゴールのミュラーについて)EURO2016でも、同じようなプレーができれば良かったのだが……。それはさておき、今日の彼の働きぶりは非常に重要なものだった。
 
トーマス・ミュラー(2列目の右)
 狙い通りの素晴らしいプレーをして、難しいアウェーでの初戦を白星で飾ることができた。我々のポテンシャルなら、もっとできただろうが、今後の予選に向けて調子はさらに上向きになっていくはずだ。
 
ヨシュア・キミッヒ(右SB)
 代表での最初のゴール。僕にとっては特別なものだ。そんなにゴールを決められる方じゃないからね。今日はチャンスがあったので、サイド攻撃を多く仕掛けることができた。
 
マリオ・ゲッツェ(ワントップ)
 勝点3を狙って試合開始直後から積極的に仕掛け、望み通りの結果を得ることができた。予選の初戦が簡単でないことは皆が承知していたけど、チームは良いプレーを見せられたと思う。自分自身は、ノルウェーが引いて守っていたため、なかなかボールに良いかたちで触れられなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ