移籍目前でローマ行きが破談したウィルシェア。ボーンマス加入の舞台裏とは

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年09月02日

イタリア出発への荷造りも済ませていたが…。

土壇場でアーセナルからボーンマスに旅立ったウィルシェア。パスサッカーを志向するエディー・ハウ監督の下で、ガラスの天才はキャリア再生を図る。 (C) Getty Images

画像を見る

 8月31日(現地時間)、欧州の夏の移籍マーケットが閉じた。その市場最終日に、アーセナルからボーンマスへとレンタル移籍をしたのはジャック・ウィルシェアだ。
 
 アーセナルの生え抜きのウィルシェアは、優れた攻撃センスを有しながら怪我が多く、出場機会に恵まれず、今夏は出場機会を求めてレンタル移籍を検討。アーセナルも移籍市場の終盤にこれを容認した。
 
 そんな“ガラスの天才”には、国内外の20以上のクラブからオファーが舞い込み、なかでも、セリエAのローマとは合意寸前にまで達していたという。
 
 しかし、そこに待ったをかけたのがアーセナルだったと英紙『Daily Mail』が報じている。
 
 同紙によれば、ウィルシェアは自身のキャリア再生に繋がるとローマ移籍への準備を進め、イタリアに向けて荷造りも終わらせていたという。
 
 しかし、土壇場でボーンマスがアーセナルに対して、レンタル料200万ポンド(約2億8000万円)を提示し、ウィルシェアとも週給8万ポンド(約1120万円)で合意。ローマがボーンマスを上回る金額を提示できなかったため、イタリア行きは破談に終わったのだ。
 
 ウィルシェアは9月1日(現地時間)にボーンマスの練習に参加し、「僕はクラブが成功を収めるために監督やチームメイトと毎日一生懸命働くつもりだ。みんなの歓迎には感謝したい」と喜びのコメントを残している。
 
 アーセナルの意向で、急遽、希望したイタリア行きが流れたウィルシェア。出場機会に恵まれるであろうボーンマスで、かつての輝きは取り戻せるのだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ