ハリルホジッチが日本サッカーに苦言。「Jリーグは下がりながら守備をする。そこはまだまだ問題がある」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年08月25日

"ミス待ち"ではなく、アグレッシブに奪いに行くのが守備の原則。

プロジェクターを用いて30分以上も語ったハリルホジッチ監督。とりわけ守備の改善については語気を強めた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 8月25日に行なわれたロシアワールドカップ・アジア最終予選のメンバー発表会見で、ハリルホジッチ監督が”独演会”を開いた。
 
 指揮官は、メンバー発表と質疑応答を終えた後、一束の冊子とプロジェクターを用いて、日本サッカーの「アイデンティティ」について30分以上に渡って語った。そのなかで、日本サッカーやJクラブの守備について苦言を呈した。
 
「オリンピックを思い出してください。もしディフェンスをもっと厳しく効果的に行なえば、もっと良い結果が得られたのではないかと思います」
 
 3試合で7失点を喫した手倉森ジャパンを引き合いに出し、守備の重要性を強調。「ボールをどこで、どのように奪うか。ブロックの位置は高いのか、それとも真ん中なのか、低いのか。それは状況によって変わります。ただ、前に行きながら守備をするのが原則です」とし、さらにJリーグで見られる「下がりながら」の守備について、語気を強めて次のように語った。
 
「Jリーグを見るとどうでしょう。引いて低い位置でブロックを敷きますよね。そして、そこで止まっていることが多くないですか? アグレッシブに前に行っていますか? 川崎が少しハイプレスをやりますが、他の多くのチームは待っていますよね。守備は前に行きながらやってほしい。下がりながらではありません。Jリーグは下がりながらやっています。そこはまだまだ問題があります」
 
“ミス待ち”のディフェンスでは、世界で通用しない。そうした強いメッセージを発し、「下がりながらディフェンスすると、結局ボールホルダーから離れてしまいますから、3、4メートル相手離れてしまいますよね。それでは(ボールを奪うのは)不可能です」と改善を求めた。
 
 さらに、「デュエル」についても、「地上戦でも空中戦でもアグレッシブさを求めていかないと成功はありません。Jリーグでは見られませんが、デュエルはベースです」。
 
 Jクラブの指導者や選手にとっては耳の痛い話かもしれないが、ハリルホジッチ監督の話はおおむね賛同できる内容だ。このメッセージが、どのように波及していくのか。今後のJリーグや日本サッカーの動向を見守る必要があるだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ