五輪表彰式でのはちまきはアウト! ネイマール、IOCに叱られる

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年08月22日

2014-15シーズンのCL決勝後にも彼が発したメッセージとは。

影響力の強い立場となると、内に秘めておくべきものも多くなる。 (C) Getty Images

画像を見る

 PK戦の末にドイツとの決勝を制し、悲願のオリンピック初制覇を果たしたブラジル。この試合で先制のFKを決め、PK戦ではラストキッカーを務めたキャプテンのネイマールは、勝利の瞬間、涙を堪えることができなかった。

【PHOTOギャラリー】ネイマールが躍動! ブラジルが初の金メダル

 神に感謝しながら泣き崩れたネイマールは、その後、表彰式で「100% JESUS」と書かれたはちまきを頭に巻いて金メダルを受け取ったが、これがIOC(国際オリンピック委員会)に咎められることとなった。
 
“JESUS”とはもちろん、イエス・キリストのことであり、ネイマールの信仰心の篤さがここでもよく表われているが、五輪では、政治、商業、そして宗教に関する宣伝やプロパガンダは禁止されており、彼の行為がこのルールに抵触すると見なされたのだ。
 
『ESTADAO』等の現地メディアによると、IOCはブラジル当局に対し、抗議文を送ることを決めたが、ネイマールに対して何らかの処分が下されるようなことはないという。
 
 問題となったこのはちまき、登場したのは今回が初めてではない。2014-15シーズン、チャンピオンズ・リーグ決勝でユベントスを3-1で下して優勝を飾った際にも、ネイマールはこれを頭に巻いていた。
 
 当時は、これがフランスで物議を醸し、宗教の勧誘活動や押し付けであるという非難の声が少なからず挙がったものである。影響力が強い立場だけに、こうした宗教色の強いパフォーマンスは避けるべきだという意見も多かった。
 
 2008年に洗礼を受けたネイマールは、幼い頃からこのはちまきを巻いてキリストへの感謝を表わしていたということであり、本人にとっては純粋な気持ちからの行動なのだろうが……。
 
 優勝後には「代表チームのキャプテンはもうやりたくない」とコメントしたことも大きな話題になったネイマール。果たして今後、彼が腕章とはちまきを巻くことはもうないのだろうか。
【関連記事】
リーガで好スタートを切った清武が、「ボールを奪えない。別次元」と舌を巻いた名手とは?
「デブ」と言われ続けるイグアイン……体型の変化を写真で検証!
マンUから漂う「黄金時代の香り」。モウリーニョ、イブラ、ポグバがもたらしたものは?
【リオ五輪決勝|採点&寸評】ネイマールが文句なしのMOM! 得点王グナブリーとペーターゼンは不発…
親目線の育成論――幼少期の小林祐希と接して分かったこと
ネイマール、涙の金メダル!「自分の人生で一番幸せな瞬間だ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ