【リオ五輪】なぜ「みんなで間合いを取ってしまった」のか? 遠藤航が語る失点要因と完敗から掴んだもの

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年07月31日

「ブラジルはそれまでに『出して動いて』というのを繰り返していた」

ボランチで77分まで出場した遠藤。相手の技術の高さに多くの時間帯で後手に回る厳しい展開を強いられた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[国際親善試合]U-23日本 0-2 U-23ブラジル/現地7月30日/ブラジル・ゴイアニア
 
 完敗だった。個の力の差も歴然としたものがあった。ボランチとして攻守のバランスを担う遠藤航もひしひしと、ブラジルの実力を体感していた。

【親善試合|U23日本代表×U23ブラジル代表 PHOTOギャラリー】 

「もちろん、アジアでやっている時とは違ったし、何気ないドリブルのスピード感や普通だったら抜かれないと思うような場面で一歩前に入って来るとか。そういうシーンが特に前半は多かった」
 
 最初の失点は、クーリングブレイクの直後。全員で集中力をもう一度高めたはずだが、ついに粘り強く維持してきた守備網が決壊した。遠藤が最初の失点の要因を語る。
 
「給水中にみんなで我慢していこうという声掛けはあったんですけど、あの場面はみんなパスコースを消すことを考えすぎた。動き出した選手に対して、みんなが間引いてしまってドリブルをするコースを開けてしまった。相手はそれまでに、『出して動いて』というプレーをずっと繰り返していたからこそ、ああいう感じになってしまったと思う」
 
 水際で粘り強く対応してきた日本だったが、失点シーンでは「取りに行きたくても行けないような間合いの取り方」(遠藤)に、対応が遅れてしまったのは否めない。意識下に刷り込まれた恐怖心が出足を鈍らせたとも言える。
 
 しかし、今回のブラジル戦によって、今大会のトップレベルの感覚を味わえたことは決してマイナスではないはずだ。遠藤もそのことをポジティブに捉える。
「前半はけっこうやられてしまったけど、自分のなかで間合いを掴めた部分もある。今日こういう相手と戦ったことで、一人ひとりの判断も磨かれたと思う」
 
 五輪グループステージの初戦・ナイジェリア戦まであと5日。遠藤自身も、本番を前に改めて自らの立ち位置、スタイルへの確信を深めたようでもある。
「やっぱり自分たちの戦い方としては、しっかり我慢強く戦うことがベースになると改めて感じた。前半をしっかり抑えられるか、ブロックを引いたなかでいかに縦に速く攻められるか。そこを意識してやっていきたい」
 
 ナイジェリア、コロンビア、スウェーデンと強豪揃いのグループに挑む日本。ブラジル戦は最高のスパーリングとなったかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ