圧倒的に支配するもアイデア欠けたスイスがルーマニアと手痛いドロー

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年06月16日

スイス、圧倒的に支配するもアイデアが欠如。

ルーマニアがゴール前に敷いた守備ブロックの前に攻略の糸口を最後まで見つけられなかったスイス。セットプレーからの1点に留まり、ドローゲームを演じた。 (C) Getty Images

画像を見る

警告:ル=プレペリツァ(22分)、キプチュ(23分)、ケシェル(37分)、グリゴレ(76分) ス=ジャカ(50分)、エムボロ(94分) (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 6月15日(現地時間)、グループAの第2節、ルーマニア対スイスが行なわれ、1-1で引き分けた。

【ルーマニア1-1スイス PHOTO】互いに勝利を狙った一戦は痛み分けに終わる
 
 フランスとの開幕戦で善戦しながらも敗れたため、なんとしても勝利したいルーマニアは、試合序盤から右サイドで先発起用されたトルジェを活かしながら前掛かりに仕掛ける。
 
 一方、開幕戦で勝利したスイスも受け身にならず、高い位置からプレスを掛けにいったことで、7分にセフェロビッチ(スイス)、8分にケシェル(ルーマニア)と互いにチャンスを作り出した。
 
 この均衡を破ったのはルーマニアだった。
 
 18分、個人技で左サイドからボックス内に侵入したキプチュがユニホームをスイスのSBリヒトシュタイナーが掴まれて、PKを獲得。これをスタンクが開幕戦に続き、冷静に沈めて先制に成功したのだ。
 
 先手を取られたスイスはポゼッションを高め、シャキリ、メーメディを活かしたサイドアタックでゴール前に壁を作るルーマニアを押し込んでいった。
 
 一方のルーマニアもタイトな寄せで相手の起点を潰し、カウンターを効率良く発動させた。そして29分にはセットプレーからサプナルがポスト直撃のシュートを放つなどチャンスも作り出して応戦していった。
 
 60パーセントを越えるポゼッション率を記録しながらも、ゴールを挙げられなかったスイスは、後半も試合をコントロールする。
 
 しかし、バイタルエリアでのプレーに工夫が見られず、さらに焦りからミスも目立つようになり、スイスはルーマニアゴールを脅かすようなシーンを創出できないもどかしい時間が続いた。
 
 それでも自陣に人数を割くルーマニアに対し、辛抱強く攻め続けたスイスは、この日、11本目のシュートでついに待望の得点を挙げる。
 
 57分、CKのこぼれ球に素早く反応したメーメディが強烈な左足シュートでネットを揺らしたのだ。
 
 同点としたスイスは、64分にFWのエムボロを投入し、そのストライカーを起点とした攻撃でルーマニアの守備陣を敵陣に釘づけにする。
 
 スコアが並んでからルーマニアの全体的な運動量が急激に落ちたことで、試合はスイスの猛攻を前に防戦一方の展開となった。
 
 それでもルーマニアがライン操舵とゴール前に人数を割いた人海戦術を用いたことに加え、スイスの方も疲労から攻撃のアイデアが乏しく、ルーマニアの堅牢は破られず。結局、決め手を欠いて、試合は1-1のまま終了。勝点1を分け合った。
 
 圧倒的にボールを支配しながらも逆転できなかったスイスにとっては次戦の相手が開催国のフランスであることを考えても、手痛い引き分けとなったと言えるだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ