豊田が豪快ダイビングヘッド弾! 鳥栖が6戦ぶり勝利に沸く一方で、5戦未勝利の名古屋に罵声

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年06月12日

豊田のダイビングヘッド弾で名古屋を沈める。

6分に富山のCKを豊田が豪快にゴール右にダイビングヘッドで突き刺し、先制点を挙げた。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 J1リーグは6月11日、第1ステージ15節の9試合を開催。パロマ瑞穂スタジアムで行なわれた名古屋対鳥栖の一戦は、アウェーの鳥栖が1-0で勝利した。

 リーグ戦4試合勝利から遠ざかっている名古屋と同じく5試合勝利のない鳥栖は、ともに悪いチーム状況を断ち切れないままこの一戦を迎えた。
 
 試合は、立ち上がりにセットプレーのチャンスを活かした鳥栖が幸先よく先制点を挙げる。6分、CKを得ると富山のライナー性クロスに合わせたのは豊田。豪快にダイビングヘッドを放ち、ゴール右に突き刺した。

 先制された名古屋は先発に起用された川又とシモビッチの2トップが機能せず、うまく攻撃を組み立てられない。

 鳥栖の1点リードで迎えた後半は、名古屋が川又に代えて磯村を投入する。シモビッチが1トップ、磯村がボランチ、田口がトップ下に入る布陣に変更した。そのトップ下に移動した田口が機能する。

 80分、名古屋は決定機を迎える。後方からのパスをシモッビチが落とし、田口が左足でシュート。ボールは林に阻まれ、こぼれ球に永井が詰めたが、先に林に処理され、得点を奪うことはできなかった。

 鳥栖は守護神の林を中心に名古屋の猛攻を耐え抜いた。結局、1-0で鳥栖が勝利し、リーグ戦6試合ぶりの勝利を挙げた。一方の名古屋は、これでリーグ戦5試合未勝利。試合終了後にファンが不満を表わし、スタジアムには罵声が飛び交った。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ