【J1】湘南・曺監督が「変な方向に行かなかった選手に感謝したい」と初勝利までの道のりを振り返る

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月30日

高山が決勝弾、横浜はカイケが痛恨のPK失敗。

菊池(10番)のスルーパスに抜け出した高山(右)が決勝点をゲット。湘南がようやく今季初勝利を挙げた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは4月30日、第1ステージ・9節の5試合を開催。日産スタジアムでは、横浜対湘南の神奈川ダービーが19時キックオフで行なわれた。

【PHOTOギャラリー】湘南が神奈川ダービーを制し今季リーグ戦初勝利!

 立ち上がりからリズムを掴み敵陣に攻め込んだのは横浜。好調の中村を中心としたパスワークや、齋藤、遠藤のドリブル突破などで多彩なアタックを見せる。

 一方、リーグ戦初勝利を目指す湘南も縦に鋭い攻めで、菊池、高山が虎視眈々と横浜の最終ラインの裏を狙っていく。

 ゴール前の白熱した攻防の多い展開となったが、前半はともにノーゴール。0-0で折り返す。

 スコアが動いたのは後半立ち上がりの48分だった。右サイドでテンポ良くショートパスをつないだ湘南は、菊池からのスルーパスに高山が反応。抜け出した高山は、GKとの1対1を冷静に制してゴールネットを揺らした。アウェーの湘南が先制する。

 その後は1点ビハインドの横浜が湘南を圧倒。途中出場のカイケや伊藤らが再三ゴールに迫るシーンを作り出す。70分には齋藤のシュートが相手のハンドを誘いPKを獲得。絶好の同点機を得る。しかし、キッカーのカイケのシュートは、湘南GKの村山に阻まれ、同点のチャンスを逃してしまった。

 終盤まで猛攻を仕掛けた横浜は、湘南の身体を張った守備の前にゴールを割ることができない。結局、湘南が高山の先制点を守り切り、1-0で勝利。今季初勝利を挙げた。横浜は90分を通じて18本のシュートを放ちながら決め手を欠き、1点が遠かった。

  湘南は依然最下位を脱出することはできていないが、ダービーでの勝利をきっかけに流れを変えたいところだ。曺監督は、「負けが続くとチームは不協和音に陥って、変な方向に行ってしまうものだが、そんな選手は誰一人いなかった。本当に選手に感謝したい」と語り、ようやく掴んだ初勝利までの道のりを感慨深く振り返った。

 一方の横浜は勝点14に止まり、前節の5位から8位に順位を下げた。
 
【関連記事】
【レスター】勝てば優勝の36節・ユナイテッド戦を展望!鬼門のオールド・トラフォードで岡崎の起用法は――
【川崎】宇佐美と乱闘騒ぎの大久保。「肘が当たって血が出ていた。相当、痛そうだったね」
【写真検証】G大阪対川崎戦で起きた“誤審疑惑”。あれはPKか否か――?
ある天才少年の今――幼稚園時から名波浩にも似た才気を放ったレフティが、荒波を乗り越えて見据える場所
【浦和】「特別な1日になった」。期待のルーキー伊藤涼太郎が待望のデビュー

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ