• トップ
  • ニュース一覧
  • 「殴り掛かろうかと」現役引退の岡崎慎司が告白したレスター時代の“本音”にスタジオ驚き「悔しさはめちゃくちゃあった」

「殴り掛かろうかと」現役引退の岡崎慎司が告白したレスター時代の“本音”にスタジオ驚き「悔しさはめちゃくちゃあった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年06月18日

「自分がまずやれる仕事を100%する」

レスターのプレミア制覇に貢献した岡崎。(C)Getty Images

画像を見る

 2023-24シーズン限りで現役を引退した元日本代表FWの岡崎慎司氏が、6月17日にテレビ朝日系列で放送された報道ステーションにゲスト出演。自身のキャリアや今後の展望について語った。

 その偉大なキャリアでひと際輝かしいのが、レスター時代に経験した“奇跡のプレミアリーグ制覇”だろう。降格候補に挙げられていたチームが成し遂げたおとぎ話のようなリーグ優勝に、レギュラーとして大きく寄与した。

 ただ、このシーズン、岡崎氏はクラウディオ・ラニエニ監督によって、60分前後で交代させられる試合が少なくなかった。

 同番組のキャスターで、日本代表で共闘した内田篤人氏から「この時って、試合の途中から出たりとか、途中で交代する時間があったじゃないですか。チームから求められる役割と岡崎選手が求めるプレースタイル、ゴールというのに葛藤があったと思うんですけど、そのへんはどう思ってたんですか?」と質問を受けると、38歳はこう答えた。
 
「とにかく自分がまずやれる仕事を100%する。そうじゃないと試合に出られなかったんで。ただ、最後まで走って、ゴールがこぼれてきそうなところには絶対走るとか。誰もがやらなきゃいけないことを全部続けて、狙っていくというのを考えていた」

 歴史に名を刻んだ名ストライカーは、「60分とか45分とかで代えられた時は、殴り掛かろうかと思うぐらい、それぐらい悔しさはめちゃくちゃあった。そういう悔しさがありながらああいうゴール(ニューカッスル戦の伝説的オーバーヘッド弾)が生まれたので、もっとああいうゴールを取りたかったなと悔いが残ってますね」
【動画】岡崎の伝説的オーバーヘッド弾
「殴り掛かる」という意外な言葉に、スタジオからは驚きの声が上がっていた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「挑発された」長谷部誠が衝撃告白! 本田圭佑が「性格悪い」と非難したDFと喧嘩した過去を明かす!「まだ相当若かった」
 
【関連記事】
「どこやねんと思ったら、めちゃくちゃ上手かった」岡崎慎司が“練習初日”に驚愕したレスター時代の同僚は?「動きが全然違った」
「挑発された」長谷部誠が衝撃告白! 本田圭佑が「性格悪い」と非難したDFと喧嘩した過去を明かす!「まだ相当若かった」
「フィンクさんが『必要だけど使えない』と...」元日本代表FWの岡崎慎司はなぜ引退を決めた?「サッカー人生で初めて“辞めたい”と思った」
「イングランドではあまりヘディングするなと」岡崎慎司が意外な回答。“代名詞”ダイビングヘッドの教えを訊かれ...「今の時代、なかなか話しづらい」
「向上心の塊。言い訳をしているところを見たことがない」“盟友”内田篤人が引退発表の岡崎慎司に送った言葉「ちょっと寂しい。身体がボロボロだと...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ