• トップ
  • ニュース一覧
  • 「32歳で全盛期に戻ると誰が想像した?」宇佐美貴史、完全復活か。ブラジルメディアも感嘆!

「32歳で全盛期に戻ると誰が想像した?」宇佐美貴史、完全復活か。ブラジルメディアも感嘆!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年06月17日

「30歳を過ぎてから全盛期を迎えた家長昭博を彷彿」

ポヤトス体制2年目で眩い輝きを放つ宇佐美。写真:滝川敏之

画像を見る

 ガンバ大阪は6月16日、J1第18節で柏レイソルと本拠地パナソニックスタジアム吹田で対戦。2-1で勝利し、リーグ戦4連勝を果たして3位をキープした。

 鮮やかに先制点を叩き出したのが、頼れるエース宇佐美貴史だ。開始15分、ウェルトンからペナルティエリア左でパスを受けると、切れ味鋭いキックフェイントでDFを翻弄。フリーになったところで、冷静にゴール右に流し込んだ。

 レジェンドの遠藤保仁氏(現G大阪コーチ)から栄光の7番を受け継いだ32歳は、2発を叩き込んだ前節の湘南ベルマーレ戦(2-1)から2戦連発で、今季7点目となった。近年はゴール数が減少していただけに、完全復活の様相を呈している。

 日本代表復帰を求める声も上がるなか、地球の裏側ブラジルのメディアも大絶賛だ。『globo』は「宇佐美がガンバ大阪のリバイバルを牽引」と題した記事で、こう伝えている。
【動画】ガンバ宇佐美貴史の上手すぎるビューティフルゴール!
「32歳の元日本代表が全盛期さながらのプレー。2019年に欧州から復帰して以来、静かなシーズンを送っていたストライカーは、2023年は控えとなっていた。

 ガンバ大阪は今シーズンのJリーグにおけるサプライズの1つだ。昨年は厳しいシーズンを送ったが(降格が1チームで救われただけ)、ダニエル・ポヤトス監督が続投すると、今年は無敵のサッカーを展開し、タイトル争いにまで加わっている」

 同メディアはさらに復活の要因も分析。「背番号7のキャプテンは完全な自由を与えられ、時に10番、時に偽9番として機能。宇佐美は自分中心にチームが整ったことで、ガンバ大阪の最後のJリーグ優勝に貢献した2014年以来のプレーレベルに戻っている」という。

「現在、リーグ最高のパフォーマンスを見せており、最後までそのレベルを維持すれば、MVPに選ばれる可能性もある。32歳の彼が全盛期の輝きを取り戻すとは誰が想像しただろうか。30歳を過ぎてから全盛期を迎えた家長昭博を彷彿とさせるキャリアの復活である」

 かつてバイエルン・ミュンヘンにも在籍した青黒の至宝は、愛するクラブを10年ぶりのJ1制覇に導けるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「J2やJ3の環境がものすごく悪い」吉田麻也がJリーガーの“最低年俸”導入を訴える「親御さんたちは、本当に気持ちよく送り出せますか」
 
【関連記事】
「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」
「声と顔にがっつりやられた」「小学生くらいから好き」宇佐美貴史の“石田ゆり子愛”が爆発!とろサーモンのラジオにもドハマり
「森保さんが注意しないと」闘莉王が日本代表ベテランの“行為”に苦言 「すごく気になっている」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ