• トップ
  • ニュース一覧
  • 「序盤はリーグ最高の選手だったのに...」なぜ久保建英は失速したのか。地元紙記者が見解「容認できない」

「序盤はリーグ最高の選手だったのに...」なぜ久保建英は失速したのか。地元紙記者が見解「容認できない」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年06月05日

「稲妻スタートの後、調子を崩した」

今季は7ゴール・5アシストに終わった久保。 (C)Getty Images

画像を見る

 久保建英が所属するレアル・ソシエダは6位でシーズンを終えた。5年連続の欧州カップ戦出場となるヨーロッパリーグの出場権を獲得している。

 ソシエダの地元紙『Noticias de Gipuzkoa』は6月4日、「レアル・ソシエダ。アジアカップとアフリカ・ネーションズカップの代償」と見出しを打った記事を掲載。ソシエダ番のミケル・レカルデ記者が「(アマリ・)トラオレとクボは、1月にそれぞれの国の大陸の大会に向けて出発する前に示したレベルを回復できなかった」と指摘している。

 同記者は「2024年のレアル・ソシエダのパフォーマンスを低下させた要因は数多くある」としたうえで、「イマノル・アルグアシル監督も公然と認識している症状の一つは、今季の誰もが認めるスターターの2人、トラオレとタケ・クボが、それぞれアフリカ杯とアジア杯でプレーした後に経験した衰えだ」と主張した。
【動画】 久保の股抜き突破!解説の菅原由勢も絶賛
 久保については、「稲妻スタートの後、調子を崩した」とし、「(シーズン)序盤は、(レアル・マドリーのジュード・)ベリンガムだけが上回るほどリーグで最高の選手だった。しかし(アジア杯から)復帰後、フレッシュさや迫力を失ったのは事実で、チームの攻撃の低迷の容疑者となった」と綴った。

 そして、「カタールから帰国して以来、彼が決めたのは1ゴールだけで、決定的なパスを出したのはバレンシア戦でのアンドレ・シウバへの魔法のアシストの1本だけだ。これほど違いを作る選手にとっては少なすぎる」とし、「シーズン中の国際大会への参加は認められない」と見解を示している。

「トラオレとクボが経験した低迷は、彼らがそれぞれの国で経験するプレッシャーと緊張を伴う代表チームの試合に参加するためにシーズン途中で1か月欠場するのは容認できないという事実を強めた」

 久保のアジア杯参加とその後の低迷は、チームに小さくない影響を与えたという主張だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「みんなすごいな」「日本の良さ」久保建英は対戦したヴェルディの何に驚嘆したのか「やりづらいねって話をしていた」
 
【関連記事】
「みんなすごいな」「日本の良さ」久保建英は対戦したヴェルディの何に驚嘆したのか「やりづらいねって話をしていた」
「1人でサッカーをやってない」ヴェルディDFが感じた久保建英の“凄さ”。ソシエダとJクラブの違いは?「寄せられても...」
「久保選手の印象というよりは...」ヴェルディFWがタケ以上に“上手い”と感じたソシエダ戦士は?「15番と23番」
「お似合いすぎる!」「素敵なご夫妻」結婚発表の堂安律、女性と寄り添う2ショット公開で大反響!「ついにお披露目!新婚さんの雰囲気に圧倒されます~」
「無礼、脅迫、傭兵」鎌田大地、“大変”なラツィオ会長とSDからの批判に本音「自分たちを守るために...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ