【J1】シモビッチが今季5点目、永井が鮮烈ミドル! 名古屋が3試合ぶりの勝利で連敗脱出

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月24日

こぼれ球に詰めたシモビッチが先制弾。

和泉のヘディングシュートのこぼれ球に素早く反応したシモビッチが今季5点目となる先制点を挙げた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは4月24日、第1ステージ・8節の9試合を開催。パロマ瑞穂スタジアムでは、名古屋対新潟が13時にキックオフされた。

【Photoギャラリー】シモビッチ、永井が躍動! 新潟はルーキー端山が一矢報いるも…
 
 試合が動いたのは25分、名古屋は、左サイドの高橋から供給されたクロスに和泉がヘディングで合わせると、これは相手GKに阻まれたものの、こぼれ球をシモビッチが押し込んだ。名古屋が1点を先制する。

 1点リードで前半を折り返した名古屋はさらに61分、前線からのプレスでボールを奪うと、左サイドから中央へ持ち込んだ永井が狙い澄ました右足のミドルを突き刺し追加点。名古屋が2-0とリードを広げる。

 64分に新潟の端山に追撃弾を許し、1点差に追い上げられた名古屋だが、最後までリードを保ちタイムアップ。中止となった前節・福岡戦をはさみ連敗中だった名古屋が3試合ぶりの勝点3を挙げた。一方の新潟は3連敗となった。

 
【関連記事】
【J1】ACLの悪夢を払拭する一発! エース宇佐美の技ありゴールでG大阪が福岡を下す
【J1】神戸が渡邉のAT弾で勝点1を確保。仙台は連敗を4でストップ
スタメン発表! 首位の川崎と勝点1差の3位・浦和が激突! 引き離すか、それとも首位交代か?
【G大阪】ACL敗退の要因は、2大エースの不振。誤算続きの"長谷川ガンバ"は復調できるのか
【J2】稲本、「2002年思い出した」と自画自賛。C大阪を首位から引きずり落とす一発!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ