• トップ
  • ニュース一覧
  • 「サッリの時はたいした役割がなく、無気力だったが...」鎌田大地の変貌に地元記者も驚き!「トゥドールになって大きく確信を増した」

「サッリの時はたいした役割がなく、無気力だったが...」鎌田大地の変貌に地元記者も驚き!「トゥドールになって大きく確信を増した」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年05月15日

7試合で16ポイントを獲得

トゥドール政権では主力となった鎌田。(C)Getty Images

画像を見る

 ラツィオの指揮官がイゴール・トゥドール監督になってから変わったのは、鎌田大地を巡る状況だけではない。チームの成績も良くなっている。

 マウリツィオ・サッリ前監督が辞任した際、ラツィオは欧州カップ戦出場圏外の9位だった。だが、トゥドール体制での7試合で16ポイントを獲得。これは同期間で優勝したインテルに並ぶ数字だ。

 5月12日のセリエA前節でエンポリに2-0で勝利したラツィオは、8位以内でのフィニッシュが確定。来季の欧州カップ戦出場を決めた。このまま7位でシーズンを終えれば、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を手にする。残り試合次第で、チャンピオンズリーグ出場の可能性も残されている。

 トゥドールの下でラツィオが復調したことについて、イタリア『DAZN』のリッカルド・マンチーニ記者は、指揮官の個々の選手に対する働きかけに言及した。
【動画】鎌田がキレキレのフェイントから好機創出
 ラツィオ専門サイト『La Lazio Siamo Noi』によると、同記者はポッドキャスト『Tutti in the box』で「サッリの時はあまりに型にはめられたインサイドハーフのコンセプトがあった。カマダはたいした役割がなく、とても無気力だった。監督との人間的なつながりもなかった」と話している。

「トゥドールになって大きく確信を増した。(バレンティン・)カステジャノスとともに、個人に取り組む新監督の仕事の例だ」

 事あるごとに賛辞を寄せてきたトゥドールは、今季いっぱいとなっている契約を鎌田が延長するように望んでいるという。鎌田自身も、オプション行使に前向きとの報道があるのは周知のとおりだ。

 残留すれば、鎌田は自身を高く評価する指揮官の下で開幕を迎えられる。8月に入ってから加入が決まった今季と違い、プレシーズンをフルに過ごせるのも大きい。ただ、トゥドールの現在の契約は、来シーズンいっぱいまでだ。

 良好な関係にあるトゥドールとの仕事を続けるのか。鎌田の決断に注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「会長に伝えた」ラツィオ鎌田大地、ついに残留を決断と現地報道! 地元メディアは興奮「日本人が選んだ!」
 
【関連記事】
「カマダは別人だ」「ドリブルも完璧」躍動した鎌田大地を伊メディアが絶賛!「トゥドールのおかげで生まれ変わった」
「日本人には重要じゃないだろ?」鎌田大地、記念試合のユニをプレゼントせず。伝説監督の息子が明かす「これはダメ、大事なユニホームだと言われた」
「彼だけが頑張っている」「時速1000マイルでプレー」獅子奮迅の鎌田大地に伊ジャーナリストが賛辞! これまでの出場時間を悔やむ「本当に遅すぎた...」
「日本人MFがいかに高く評価されているかを示す」奮闘の鎌田大地、交代時にラツィオサポから拍手喝采で現地反響!「当然だ、欠かせない選手だとファンも知っている」
「エンドウは我々の6番ではない」交代後に2失点なのになぜ? 遠藤航に現地ファンからまさかの辛辣批判「10人で戦っているのと同じ」「機動力がない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ