• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ウズベクが優勢だった」大岩Jに敗戦で相手国メディアは落胆! 終了間際のPK失敗に嘆き「ミスしてしまった」【U-23アジア杯/決勝】

「ウズベクが優勢だった」大岩Jに敗戦で相手国メディアは落胆! 終了間際のPK失敗に嘆き「ミスしてしまった」【U-23アジア杯/決勝】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年05月04日

「秩序のある攻撃的な試合を展開」

終了間際に与えたPKをストップするGK小久保。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 U-23日本代表は現地5月3日、カタールで開催されたU-23アジアカップの決勝で、ウズベキスタンと対戦。後半アディショナルタイムのゴ―ルで1-0と勝利し、2016年以来4大会ぶり2度目の栄冠に輝いた。

 すでにパリ五輪の切符を手にしている両国の対戦は、拮抗したゲームに。前半はやや押し込まれ気味だった大岩ジャパンは、苦戦を強いられる。

 それでも、延長戦突入かと思われた後半アディショナルタイム1分、右ウイングの山田楓喜が左足でミドルシュートを決めて、ついに均衡を破る。その後にDF関根大輝のハンドで献上したPKを献上するも、GKの小久保玲央ブライアンがビッグセーブで阻止し、凱歌をあげた。
【動画】試合終了間際に小久保が圧巻のPKセーブ
 この結果を、対戦したウズベキスタンのメディア『UZREPORT』はこう伝えている。

「前半はゴールが動かなかった。ウズベキスタンは秩序のある攻撃的な試合を展開した。後半に入ると、日本は前半の荒さが軽減した。ティムール・カパゼ監督の教え子が優勢だったが、90分+1分に途中出場した山田がゴールを決めた」

「その後もウズベキスタンが攻め上がり、ペナルティエリア内でボールが相手選手に当たってPKが与えられた。100分、ウマラリ・ラフモナリエフがこのPKをミスしてしまった」

 どちらかと言えば、押し気味の展開だっただけに、落胆を隠しきれない様子だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】U-23アジア杯に駆けつけた各国の美女サポーターを特集!
 
【関連記事】
「後半ATに劇的ゴールとPKセーブだ」大岩ジャパン、ドラマティックなU-23アジア杯制覇に韓国メディアも驚嘆! 敗れたウズベクにも賛辞「日本のパスサッカーを無力化した」
「大丈夫なんかな」「素直に喜べない」優勝も…荒木遼太郎の負傷交代に不安広がる。顔面強打→プレー再開→担架でアウト【U-23アジア杯】
「日本が羨ましい!超豪華だ」久保、鈴木唯、OA3人...大岩Jのパリ五輪メンバー候補に韓国メディアが羨望!「最高のスターが招集対象だ」
「日本はアジア最強だ」「A代表でも勝てない」優勝した大岩ジャパンの強さに中国感服!「間違いなく偉大、彼らから学ぶべきだ」【U-23アジア杯】
【セルジオ越後】ウズベキスタンを相手に劣勢も“うっちゃり”優勝。パリ五輪でメダル獲得のためにはOAを使うべきだよ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ