• トップ
  • ニュース一覧
  • 数少ない好機をモノにした鳥栖マルセロ・ヒアンが今季5点目。新ストライカーは下位に沈むチームを救えるか

数少ない好機をモノにした鳥栖マルセロ・ヒアンが今季5点目。新ストライカーは下位に沈むチームを救えるか

カテゴリ:Jリーグ

岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

2024年04月29日

「距離もあったので、柔らかいシュートを選択」

柏戦で今季5ゴール目を記録したM・ヒアン。写真:福冨倖希

画像を見る

 4月28日、サガン鳥栖はJ1第10節で柏レイソルと敵地で対戦し、1-1で引き分けた。

 チームを勢いづける先制点は、今季加入の新ストライカー、マルセロ・ヒアンの一撃だった。14分、河原創の正確なプレースキックにヘッドで合わせる。放たれたボールは弧を描くように相手GKの頭上を通過し、ゴールに吸い込まれた。

 ただ、先制して以降、鳥栖は守勢に回る展開になり、40分に失点。終わってみれば、シュート数は柏の15本に対して鳥栖は3本と、内容で圧倒されたゲームだったと言える。

 M・ヒアンは数少ない決定機を確実に決めきった得点シーンをこう振り返った。

「(先制点は)トレーニングで準備してきた形です。距離もあったので、強いシュートではなく、柔らかいシュートを選択しました。リーグ戦で2試合連続ゴールできたことを嬉しく思いますし、引き続き努力を続けていきたいです」
【PHOTO】マルセロ・ヒアンがヘディングで今季5点目!
 昨季に当時J1の横浜FCで、来日前を含めて自己最多のシーズン3点を挙げたM・ヒアンだが、今季は前節の鹿島アントラーズ戦の2ゴールでキャリアハイの4ゴールを達成。柏戦で5点目をマークし、好調ぶりに拍車をかけている。

 飛躍の可能性を感じさせる21歳のブラジリアンは、苦しんだ柏戦のチームの出来を振り返りつつ、次節の東京V戦に向けて、こう意気込んだ。

「柏からすれば、先に失点をして、より攻撃的にならなければいけない状況でした。僕らは良い守備から追加点を狙ってプレーしましたが、思ったよりも守備に回る時間が増えてしまった。ただ、アウェーでの勝点1は悪い結果ではないと思います。

 次節も難しい試合になるとは思いますが、ホームでプレーできるので、良い試合を見せたい。そのために、今日の疲労を回復し、良い準備をしたいです」

 今節はアウェーでしぶとく勝点1を掴んだが、順位表では18位と、いまだ降格圏から抜け出せていない。

「4月8日に娘(第一子)が生まれて、モチベーションが上がっている」と語る背番号99は、苦しむチームを救えるか。

取材・文●岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】「激しい口論」「衝突」不調のリバプールに激震! 先発落ちのサラーがクロップ監督に悪態! 同僚が止めに入る異常事態に現地騒然「怒りが爆発した」
 
【関連記事】
[U-23日本代表のイラク戦スタメン予想]出場停止明けの西尾がついに復帰か。1トップは2戦連発に期待の細谷と予想【U-23アジア杯】
「小学生の質問? 彼、プロですよね」内田篤人がU-23日本代表FWの“発言”をバッサリ!
「じゃあ、俺はそれ以下なのか...」元鳥栖FW二田理央、オーストリア2部での苦悩を吐露「うまくいかないことが多い」【現地発コラム】
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「会長が来て、スタッフも全員に現金20万」安田理大が“臨時勝利給”が出たJクラブを告白!「奥さんに言う?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ