【J1ベストイレブン】MVPは”魂の決勝点”をねじ込んだ大久保!柏の初勝利に貢献したGK中村の働きも印象的だった|1stステージ・6節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月13日

首位返り咲きの一発は、大久保曰く「どんぴしゃ」だった。

【1stステージ6節のベストイレブン】強烈な存在感を示した3トップだけでなく、中盤の両翼もゴールに絡んだアタッカーを配置。守備陣はクレバーさと力強さを兼ね備えた面々が並び、最後尾には好守連発の若武者を選んだ。

画像を見る

【選出理由】
 終了間際に”魂の決勝点”を叩き込み、首位返り咲きに貢献した川崎の大久保がMVPだ。小林の高速クロスに合わせたヘッドは、「なんで俺もあそこにいたか分からないけど、どんぴしゃでしたね」(大久保)。抜群の嗅覚を発揮したファインゴールだった。
 
 最終ラインは、怪我からの復帰戦でハイパフォーマンスを披露したG大阪の丹羽など、3人のCBを選出。GKは、3度のビッグセーブで柏の今季リーグ戦初勝利を手繰り寄せたU-23代表・中村の働きが印象的だった。

 中盤は渋い働きで逆転劇を下支えした大宮の金澤のほか、途中出場で2ゴール・1アシストのカイオ、リーグ戦初ゴールを決めた宇佐美と、ストライカー顔負けのヘディングシュートを叩き込んだ柴崎を選んだ。

 最前線は、MVPの大久保に加え、2ゴールのジェイとクリスティアーノ。いずれもエースと呼ぶにふさわしい活躍で、チームを勝利に導いている。
 
【今節のベストイレブン】
GK
23 中村航輔(柏) 7
前半に押し込まれたが、12分に足で、26分にも右手で決定的なシュートを止め、43分には阿部との1対1に勝利。3回のビッグセーブでFC東京に傾いていた流れを引き寄せ、勝利の立役者になった。
 
DF
5 丹羽大輝(G大阪) 7
状況判断が素晴らしく、リードを奪った後も集中を切らさず、球際への強さも見せた。
 
2 菊地光将(大宮) 6.5(81分OUT)
シモビッチとの空中戦を互角以上に渡り合い、相手に簡単に起点を作らせなかった。交代が不安になるほどの存在感を誇示。
 
3 大井健太郎(磐田) 6.5
新潟のスピードのある2トップが背後を狙っていたが、ディフェンスラインを高く保ち、チームを機能させた。
 
MF
23 金澤 慎(大宮) 6.5
身体の強さと運動量でフィジカルに中盤を引き締める。展開力も見せ、逆転劇を縁の下から支え続けた。
 
10 柴崎 岳(鹿島) 6.5
常に落ち着き払って中盤を構成。攻撃の強度を上げた後半、カイオのお膳立てからストライカーばりのヘディングシュートでネットを揺らした。
 
39 宇佐美貴史(G大阪) 7(76分OUT)
ボールコントロールやシュートで技術の高さを見せつけ、待望のリーグ戦初ゴール。試合の流れを決定づけた。
 
7 カイオ(鹿島) 7(HT IN)
狙いすましたクロスで柴崎のゴールをアシスト。さらに単独突破から左足で叩き込み、終了間際にもダメ押し点。2得点・1アシストの活躍でチームを完勝に導いた。
 
FW
8 ジェイ(磐田) 7(84分OUT)
新潟の守備陣が集中力を保っていた前半は孤立気味だったが、後半、格の違いを見せつけるチームを勝利に導く。

10 クリスティアーノ(甲府) 7
アディショナルタイムに「最後の力を振り絞って」相手の背後へとフルスピードで飛び出し、勝利をもたらす2ゴール。

THIS WEEK MVP
13 大久保嘉人(川崎) 7.5
開始早々にエリア手前から強烈なミドルシュートを放つも、ボールは惜しくもゴール左上へ。チャンスを何度か外すも、まさにラストプレーで決勝点を叩き込み、エースの貫録を示した。

※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。

※『サッカーダイジェスト4月14日発売号』では、「J1・J2リーグ別 最新“クラブ番付”をお届けします。J1の18チーム、J2の22チームを、編集部独自の8項目で査定し、ランキング化してみました。果たして、それぞ総合トップに立ったのは?また大久保嘉人選手、西大伍選手、清武功暉選手、岩波拓也選手の独占インタビューも掲載。クラブダイジェストの名古屋編では、永井謙佑選手と田口泰士選手の対談などをお送りします。2・3月のJ1MVPに輝いた中村憲剛選手が第1回目のゲストで登場する新連載にも注目。今号もボリューム満点の内容でお届けします。
 

小林のクロスに「どんぴしゃ」ヘッド。エースの仕事をやってのけた大久保(13番)が、6節のMVPだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【関連記事】
【J1採点&寸評】名古屋×大宮|公式戦3戦連続で逆転負けの名古屋。試合運び、指揮官采配に明暗
【J1採点&寸評】新潟×磐田|後半に違いを見せたジェイを「7」に。逆転PK獲得の松井も高評価
【J1採点&寸評】柏×FC東京|守護神・中村がファインセーブを連発すれば、エースナンバーを背負う田中がPKを沈めて決勝点! FC東京はムリキが可能性を感じさせたが…
【J1採点&寸評】甲府×湘南|AT弾2発のクリスティアーノが、文句なしのMOM。湘南は勇気ある縦パスを打ち込んだ長谷川が及第点
【J1採点&寸評】鹿島×広島|後半に攻撃陣が爆発した鹿島。カイオの2発など大量4ゴールで広島を圧倒
【J1採点&寸評】仙台×G大阪|待望のリーグ初得点の宇佐美が試合の流れを決定づける働き。仙台は序盤の3連続失点が響く
【J1採点&寸評】川崎×鳥栖|90+4分、“魂の一撃”を叩き込んだ大久保が文句なしの最高点
【J1採点&寸評】神戸×福岡|スクランブル出場の小林が堂々のプレー。福岡は交代の札が機能せず
【J1採点&寸評】横浜×浦和|枠内シュートわずか1本、横浜の攻撃面がまったく奮わず。浦和はGK飯倉の再三のビッグセーブに阻まれる
【J1ベストイレブン】絶妙FKの中村がMVP。首位浮上の浦和から森脇を、神戸からは最多の4人を選出|1stステージ・5節

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ