• トップ
  • ニュース一覧
  • 「コンディションが整えば傑出しているが...」冨安健洋の欠場に地元メディアが厳しい指摘「出場時間は25%」「健康状態を維持できなければ契約延長も疑問」

「コンディションが整えば傑出しているが...」冨安健洋の欠場に地元メディアが厳しい指摘「出場時間は25%」「健康状態を維持できなければ契約延長も疑問」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月21日

「ずっと怪我に悩まされている」

ウォルバーハンプトン戦を打撲で欠場した冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 現地4月20日に開催されたプレミアリーグの第34節で、冨安健洋が所属するアーセナルは、ウォルバーハンプトンと敵地で対戦。2-0と快勝し、暫定首位に浮上している。

 アーセナルの専門サイト『Pain in the Arsenal』によれば、その試合を欠場した冨安について、ミケル・アルテタ監督は「試合中(17日のバイエルン戦)に打撲を負い、少し腫れもあり、この試合でプレーするにはフィットしていなかった」と説明している。

 これを受けて、同メディアは「トミヤスはアーセナルでの在籍期間中ずっと怪我に悩まされており、2021-22シーズンの序盤や昨シーズンの最後の2か月間では重要な試合を欠場していた」と指摘。こう続けている。

「今シーズン、彼がプレミアリーグの試合に先発出場したのはわずか16%、出場時間は全試合のわずか25%に過ぎない」
【動画】ウルブス戦で決めたトロサールの圧巻ゴラッソ
 記事は「コンディションが整えば、日本のスターはアーセナルにとって傑出した選択肢であり、バックライン全体での多才さがアルテタにとって有用であると証明された」としつつ、こう主張している。

「しかし、もし彼が今後もアーセナルに貢献できるだけのコンディション状態を維持できることを証明できなければ、ここ数か月で2年延長の新契約を結んだ彼の将来について疑問が投げかけられるべきだろう」

 今回は長い離脱にはならないとはいえ。欠場の多さに厳しい論調を展開している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「スペースを埋めろよ!」冨安健洋を伝説OBアンリが痛烈批判。アーセナル失点時の“ザネ集中”を酷評「彼はどうやって得点するんだ?」
 
【関連記事】
「ベンチ外ってまた怪我か?」「まじか」冨安健洋のメンバー外にファン騒然「まさかまさか怖いな」
「スペースを埋めろよ!」冨安健洋を伝説OBアンリが痛烈批判。アーセナル失点時の“ザネ集中”を酷評「彼はどうやって得点するんだ?」
「エンドウは限界が見え始めた」遠藤航では不満なのか。リバプールがポルトMFと交渉開始と現地報道「欠けているのは6番」
「バイエルンの危険人物をかなり静かにさせた」“ザネ封じ”の冨安健洋に地元メディアが最高評価!「大部分で本当に良い仕事をした」
「『この仕事したくない』を率先してやっている」小野伸二が称賛した日本代表戦士は?「相手にとってすごく嫌」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ