• トップ
  • ニュース一覧
  • 「我々のほうがはるかに優れたチームだった」後半ATの被弾で痛恨ドローのセルティック、ロジャーズ監督はPK判定に怒り!「相手選手がわざと倒れた」

「我々のほうがはるかに優れたチームだった」後半ATの被弾で痛恨ドローのセルティック、ロジャーズ監督はPK判定に怒り!「相手選手がわざと倒れた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月08日

レンジャーズと3-3で引き分け

2点のリードを守り切れなかったセルティックのロジャーズ監督。(C)Getty Images

画像を見る

 日本人5選手が所属するセルティックは現地時間4月7日、スコットランドリーグ第32節で、宿敵レンジャーズと敵地で対戦した。

 セルティックはキックオフからわずか22秒で奪った前田大然の先制弾と34分のマット・オライリーのPKで2点をリードして前半を終える。

 しかし後半に入り、51分にアリスター・ジョンストンが自陣ボックス内でファビオ・シルバを倒してしまう。一度はシルバのシミュレーションと判定されたが、オンフィールドレビューによりPKの判定となり、これをジェームズ・タバーニアに決められて1点差に詰め寄られる。

 さらに試合終盤の86分には、アブダラー・シマにボレーを叩き込まれて同点とされる。その直後にはアダム・アイダが勝ち越しゴールを奪ったが、後半アディショナルタイムにラビ・アトンドにネットを揺らされて、再び同点弾を献上。伝統の“オールドファーム”は3-3の引き分けに終わった。
【動画】レンジャーズ戦、前田大然の開始22秒弾!
 セルティックの公式サイトによると、ブレンダン・ロジャーズ監督は試合後、「PKを取られるまでは、我々のほうがはるかに優れたチームだったから、勝てなかったのは残念だ。後半の立ち上がりまで、我々は素晴らしかった」と結果を悔やんだ。

 また、A・ジョンストンのプレーがPKと判定されたシーンには怒りを露わに。「私はPKだとは思わなかった。アリスター・ジョンストンは見事なタックルでボールを奪っていたため、相手選手がわざと倒れたと感じた」と述べている。

  勝ち切れなかったセルティックは首位を維持したものの、1試合消化の少ない2位のレンジャーズとの勝点差はわずか1。熾烈な優勝争いは最後の最後までもつれる展開になりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」
 
【関連記事】
「生き生きとしていた」大一番で開始22秒弾!セルティック前田大然を現地メディアが称賛「レンジャーズのリーダーをピンチに陥れた」
「スピード違反だろ」「風より速い」前田大然、大一番で“驚愕22秒弾”にファン衝撃! 猛チャージから先制点「ミラクルプレス」
「完全な変人だ」想定外の速さ? もたついて前田大然の22秒弾を献上! レンジャーズDFに宿敵OBが怒り「もっと早く反応すべきだった」
なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」
「銀髪⁉」「似合ってるなぁ」前田大然の“新ヘアカラー”に反響!「シルバーもめちゃくちゃかっこいい!」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ