• トップ
  • ニュース一覧
  • なでしこ杉田妃和がアメリカ女子代表で警戒する選手は?「なぜか分からないけど、彼女の足もとにボールが返ってくる」

なでしこ杉田妃和がアメリカ女子代表で警戒する選手は?「なぜか分からないけど、彼女の足もとにボールが返ってくる」

カテゴリ:女子サッカー

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年04月03日

「日本の泥臭さとは違う感じのエネルギーがある」

杉田が対戦するアメリカの印象を語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 なでしこジャパンは現地4月6日、アメリカで開催される『SheBelieves Cup』でアメリカ女子代表と対戦する。

 アメリカのポートランド・ソーンズでプレーする杉田妃和は、2日の練習後に取材に応じ、アメリカ人選手の特長にメンタル面やフィジカルの強さを挙げた。

「やられても最後の最後まで諦めないところ、日本の泥臭さとは違うエネルギーというか、『やってやるぞ』という気持ちが強い。ひっくり返すスピード、パワーもあるし、メンタル面でのチームの出来も、チームで試合を作るメンタル面、試合に臨むメンタル面の持っていき方も上手。そういうところは怖いところ」

 そのうえで、「起用さだったり、細かい修正のマメさは日本のチームは得意だと思うので、それを出すために、ポジティブに前向きにトライすることが本当に大事になってくる。相手の長所と自分たちを比べるよりは、長所を出させないために自分たちの良さを全力で出すというところにフォーカスしていきたい」と意気込んだ。
【PHOTO】アメリカで開催される「SheBelieves Cup」に参戦!強豪国と対戦に挑む日本女子代表招集メンバー22名を一挙紹介!
 また個人では、所属クラブでチームメイトのFWソフィア・スミスを警戒。「よくゴールを決めますし、うちのチームのストライカー。なぜか分からないけど、五分五分のところで彼女の足もとにボールが返ってくる。ボールを引き付ける力や前への推進力、ターンからトップスピードでドリブルして、ゴールに向かうカウンターが得意」だという。

 続けて、「日本のチームとして、そういうところ(相手のカウンター)は苦手意識があるし、課題でもある。普段は(スミスに)『いってくれ!』って思うけど、対戦相手にいる時は、どれだけそこにボールが入らないようにしたり、危険なところで受けさせないようにするところが勝負だと思います」と危険なストライカーの封じ込めを誓った。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】長谷川唯のダブルピース、猶本光の決めカット、熊谷紗希のキラキラネイル...なでしこジャパンFIFA公式ポートレートギャラリー

【記事】「非常に不運なドロー」パリ五輪でなでしこJと同組のスペイン、母国メディアが嘆き!「W杯の日本戦は唯一の汚点」「かなり手強い相手だ」

【記事】「試合ができる状態」W杯得点女王・宮澤ひなたがなでしこジャパンに復帰! 指揮官が怪我明けのコンディションを明かす「ピッチ外でも積み上げが必要」
 
【関連記事】
「正直、試合勘はまだまだ」怪我から復帰のなでしこ宮澤ひなた、現在のコンディションは?
なでしこジャパンがアメリカ遠征2日目のトレーニングを実施! 合流が遅れた北川ひかるは一部別メニューで調整
「日本では経験できない」アメリカ遠征中のなでしこJと交流で現地ファンが喜び! 杉田妃和も感謝「特別で大事な存在」
「非常に不運なドロー」パリ五輪でなでしこJと同組のスペイン、母国メディアが嘆き!「W杯の日本戦は唯一の汚点」「かなり手強い相手だ」
「試合ができる状態」W杯得点女王・宮澤ひなたがなでしこジャパンに復帰! 指揮官が怪我明けのコンディションを明かす「ピッチ外でも積み上げが必要」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ大詰め!
    4月4日発売
    アーセナル、リバプール、
    マンチェスター・シティ
    プレミア3強 徹底解剖
    歴史的な三つ巴は最高潮へ!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ