• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本人DFがこれ以上ないタイミングで復帰した」“守備職人”冨安健洋、マンC戦で3か月ぶり帰還に現地喝采!「アーセナルに大きな後押し」

「日本人DFがこれ以上ないタイミングで復帰した」“守備職人”冨安健洋、マンC戦で3か月ぶり帰還に現地喝采!「アーセナルに大きな後押し」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月02日

ポジティブな要素に「怪我からの待望の復帰」

シティ戦でアーセナルでは3か月ぶりの出場を果たした冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 現地3月31日に開催されたプレミアリーグ第30節で、冨安健洋が所属する首位のアーセナルは、勝点1差で3位のマンチェスター・シティと敵地で対戦。注目の大一番はスコアレスドローで終わった。

 アジアカップ参戦とその後のふくらはぎの故障で離脱していた冨安は、66分から左SBに途中投入。アーセナルでは3か月ぶりの出場ながら、対峙した快足FWジェレミー・ドクを抑え込むなど守備固めの役割を果たした。
【動画】冨安健洋、シティFWドクとの1対1で完璧なボール奪取
 アーセナルの専門サイト『Pain in the Arsenal』は翌4月1日、「アーセナルがスコアレスドローでマン・シティを完封、3つのポジティブとネガティブな要素」と題した記事を掲載。ポジティブな要素の3つ目に「怪我からの待望の復帰」を挙げ、次のように綴った。

「先発メンバーの負傷者のポジティブなアップデートに加えて、66分にはトーマス・パーテイとトミヤスが怪我から復帰し、アーセナルに大きな後押しなった」
 
 記事は「特にトミヤスは、アーセナルがオレクサンドル・ジンチェンコとユリエン・ティンベルの故障に苦しんでいた守備陣に必要とされていた層の厚さを提供しており、日本人DFは、これ以上は考えられないタイミングで復帰したことを意味している」と主張している。

 リバプール、マンチェスター・シティとの三つ巴のタイトル争いが終盤を迎えるなか、心強い“守備職人”が戻ってきた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「ワタルとマッカは適切なスペースにいた」クロップ監督が“タスク完遂”の遠藤航らに賛辞!「彼らは素晴らしい」
 
【関連記事】
アーセナル冨安健洋、ついに2024年初出場でマンC完封に貢献!大一番での現地評価は?「ドクの脅威をほとんど消したが…」
「ワタルとマッカは適切なスペースにいた」クロップ監督が“タスク完遂”の遠藤航らに賛辞!「彼らは素晴らしい」
「えぐすぎ」「えー、ランプティに走り勝つのかよ」遠藤航、ブライトンの韋駄天を無力化した圧巻のボール奪取にファン驚愕!「追いつけるのってやっぱ凄いな」
「かなしすぎる」「かなり心配」久保建英の負傷にファン騒然。「代表呼んだのリスク高すぎ」「本当に壊れてしまう」との声も
「アイデアが豊富で大好き」「ワクワクする」“天才”小野伸二が絶賛した22歳のJリーガーは?「最近、そういう選手は見なくなった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ