• トップ
  • ニュース一覧
  • 「自分も蹴りたかった」開幕戦で躍動の広島FW大橋祐紀、PK獲得直後のピエロスとの会話の中身は?

「自分も蹴りたかった」開幕戦で躍動の広島FW大橋祐紀、PK獲得直後のピエロスとの会話の中身は?

カテゴリ:Jリーグ

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年02月23日

「もっともっとゴールをとれる選手になっていきたい」

開幕戦で2ゴールを挙げた大橋。写真:福冨倖希

画像を見る

 圧巻のパフォーマンスだった。

 サンフレッチェ広島は2月23日、J1第1節で浦和レッズとエディオンピースウイング広で対戦し、2-0で快勝。今季新加入FW大橋祐紀の2ゴールで、開幕白星スタートを切った。

 大橋は45分に、川村拓夢のミドルをGKが弾いたこぼれ球を詰めて、先制弾を奪うと、55分には左サイドの加藤陸次樹のクロスにヘディングで合わせて2点目を挙げた。

 今年開業した新スタジアムでの公式戦第1号弾を含む2発で勝利の立役者となった大橋は、自身の得点をこう振り返る。

「(1点目は)フォワードとして詰めるのは日ごろの習慣なので、ずっと狙っていました。拓夢が素晴らしいミドルを持っている選手なので、(GKが)弾いてくるなと思って、詰めて、それがいい形になって入って良かったです。(2点目は)陸次樹がいいクロスを上げてくれたので飛び込みました」
【動画】大橋のドンピシャヘッド弾!
 この試合では、貪欲にゴールを狙い続ける27歳FWの気概を感じるシーンがあった。54分にPKを得た直後、大橋とピエロス・ソティリウが話し込み、キッカーの座を争っていた。

 これについて大橋は、「自分ももちろん蹴りたかった部分もあって、ピエロスも蹴りたかった。そこで話し合っていました」と明かす。結局、ピエロスがキッカーを務め、外してしまったが、その直後に大橋が追加点を挙げたのだった。

「もっともっとゴールをとれる選手になっていきたい」

 力強く意気込む広島の新ストライカーの今後の活躍に期待は高まる。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】【開幕スタメン予想|広島】「敬介はプレーできる」と指揮官は明言。10番は間に合わずとも、不安を感じないほど前線は充実
 
【関連記事】
J1開幕戦、広島対浦和のスタメン発表! 昨季の3位と4位の対決、熱きバトルに期待!
【開幕スタメン予想|広島】「敬介はプレーできる」と指揮官は明言。10番は間に合わずとも、不安を感じないほど前線は充実
【松木安太郎のJ1順位予想】戦力充実の浦和は化けそう。FC東京、神戸が対抗馬か。ヴェルディにはいろんな意味で注目している
「メンタルがおかしい」内田篤人が驚嘆したJリーガーは?「いると安心する。貴重な存在」
【加地亮のJ1順位予想】継続路線の横浜を1位に。戦力が厚くなった印象の神戸は、主力がシーズンを通して活躍できるかがポイントに

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ