• トップ
  • ニュース一覧
  • 横浜、2024シーズンは白星発進ならず...ACLでバンコク・Uと2-2、終了間際の失点でドローに持ち込まれる

横浜、2024シーズンは白星発進ならず...ACLでバンコク・Uと2-2、終了間際の失点でドローに持ち込まれる

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月14日

セットプレーで均衡を破る

横浜はバンコク・Uと2-2で引き分けた。(C)Getty Images

画像を見る

 横浜F・マリノスは現地2月14日、アジア・チャンピオンズリーグのラウンド16第1戦でタイのバンコク・ユナイテッドと敵地で対戦した。

 立ち上がりは守勢に回る時間が続いた。左サイドを崩されるシーンが多く、ゴール前まで相手の侵入を許すが、身体を張った守備ではね返す。

 なかなか自分たちのリズムを作れずにいたが、セットプレーから先制に成功。18分、ナム・テヒの左CKを収めたエウベルが、難しい体勢ながら足先でゴールに流し込んだ。

 さらに24分、追加点を奪う。左サイドを攻め上がった加藤蓮の折り返しに、渡辺皓太がダイレクトで合わせてネットを揺らす。

 優位に立った横浜だが、35分に失点。再三、狙われている左サイドを突破され、最後はニティポン・セラノンにGKポープ・ウィリアムの股を抜くシュートを決められる。前半はそのまま2-1で終わる。
【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!
 迎えた後半、横浜は攻勢を強める相手の反撃を抑えつつ、マイボールにすれば連動したアタックで3点目を狙いに行く。

 60分前後は押し込まれる展開となり、何度も両サイドを攻略されて際どい場面にさらされるが、粘り強く守り、相手の2点目を許さない。

 その後は、攻めあぐねる相手の隙を突き、横浜も前に出てチャンスを作るが、宮市亮がいくつかの絶好機をモノにできない。

 横浜が1点リードのままアディショナルタイムに突入。このまま逃げ切るかと思われた90+2分、同点に追いつかれる。クロスからマフムード・イードのヘディングシュートで被弾。試合はそのままタイムアップを迎え、2-2のドロー決着となった。

 横浜は2024シーズンの公式戦で白星発進とはならず。ホームで迎えるラウンド16の第2戦は2月21日に行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「大っ嫌いだ!」「金儲けしか考えていない」メッシのSNSには中国ファンからの非礼な書き込みが殺到! 欠場騒動は激化の一途を辿る

【PHOTO】ゲームを華やかに彩るJクラブ“チアリーダー”を一挙紹介!

【記事】背中のハートマークがポイント。名古屋のチアグランパス、24シーズンのユニデザイン発表! 開幕戦で新ウェアでのパフォ初披露
 
【関連記事】
敵地で悔しいドロー決着。マリノス渡辺皓太は次こそ勝利を誓う「ホームではまったく別物の試合を見せられると思う」【ACL】
「恥辱だ!」国内メディアは大激怒。神童エンドリッキも不発でパリ五輪行きを逃したブラジルは、A代表含めて宿敵アルゼンチンと明暗くっきり【現地発】
イ・ガンインがソン・フンミンに殴りかかった? 韓国内紛の舞台裏を母国メディアが追及。若手は大声で卓球、先輩が苦言も事態は悪化し...
背中のハートマークがポイント。名古屋のチアグランパス、24シーズンのユニデザイン発表! 開幕戦で新ウェアでのパフォ初披露
「大っ嫌いだ!」「金儲けしか考えていない」メッシのSNSには中国ファンからの非礼な書き込みが殺到! 欠場騒動は激化の一途を辿る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ