• トップ
  • ニュース一覧
  • 韓国代表に四度目のミラクルは起こらず! 準決勝ヨルダン戦で“枠内シュートゼロ”の衝撃に母国メディアが愕然!「勝てるわけがない」【アジア杯】

韓国代表に四度目のミラクルは起こらず! 準決勝ヨルダン戦で“枠内シュートゼロ”の衝撃に母国メディアが愕然!「勝てるわけがない」【アジア杯】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月07日

ヨルダンの枠内シュートは7本

韓国は後半に力尽きた。大黒柱ソン・フンミン(右)も不発に終わる。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 四度目のミラクルは起こらなかった。

 韓国代表は現地2月6日、アジアカップ2023の準決勝でヨルダンと対戦。前半は一進一退の拮抗した攻防戦を繰り広げたが、2戦連続で延長戦を戦ったツケが回ってきたのか、後半に入ると徐々に運動量が低下。キム・ミンジェを出場停止で欠く最終ラインは序盤から不安定さを露呈していたが、55分にパク・ヨンウのパスミスから先制点を奪われると、66分にはアル・ターマリに4人のDFが翻弄されて2点目を突き刺される。その後の人海戦術も奏功せず、なす術なく完封負けを喫した。


 グループステージのヨルダン戦では90+1分にオウンゴールで同点に持ち込み、ラウンド16のサウジアラビア戦では90+9分に奇跡の同点弾を挙げてPK戦を制した。そして準々決勝のオーストラリア戦でも90+6分にソン・フンミンがPKをゲットして追いつき、延長戦で突き放して逆転勝ち。だがさすがに2点のビハインドと蓄積された疲労に抗うことはできず、攻撃陣は沈黙したままヨルダン戦を終えている。
 
 ゲームスタッツで特筆すべきは、韓国の枠内シュートが「ゼロ」だった点だろう。ファン・インボムの一撃がポストを叩き、チョ・ギュソンのフリーヘッドがわずかに枠を逸れるなど好機はあったが、最終的には8本のシュートを放って枠内は「ゼロ」だったのだ。韓国メディア『Eデイリー』は「今大会最低のゲームだった。枠内シュートがゼロという衝撃的な数字を見れば、勝利など望むべくもない。ヨルダンにはシュートを17本も打たれ、そのうち7本も枠内を捉えられたのだから」と吐き捨てた。

 韓国メディアの間ではローテーションをいっさい採用しなかったユルゲン・クリンスマン監督の采配にも批判が集中している。いずれにせよ、64年ぶりのアジアカップ制覇を狙った韓国代表の野望は、ベスト4ではかなく立ち消えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「最低最悪の90分!」ヨルダンに完敗で決勝進出を逃した韓国代表の“クリンスマン采配”に母国メディアが怒り爆発!「戦術も戦略も対策も皆無だ」【アジア杯】

 
【関連記事】
「最低最悪の90分!」ヨルダンに完敗で決勝進出を逃した韓国代表の“クリンスマン采配”に母国メディアが怒り爆発!「戦術も戦略も対策も皆無だ」【アジア杯】
「泳いで帰ってこい」韓国が準決勝でヨルダンに惨敗。母国ファンの怒りの矛先は指揮官に「クリンスマンOUT」「準備した戦術はどこに?」【アジア杯】
韓国Xで「パスミス」がトレンド入り! ヨルダン戦、最初の失点もバックパスを奪われ...「なんでこんなに多いの?」「練習してないのかと思うくらい」【アジア杯】
チョ・ギュソンがシミュレーションで警告→ヨルダンGKの頭ポンポンに韓国ファン不愉快「何やってんだこの野郎」「触らないで」【アジア杯】
「カラダがえぐすぎる」韓国9頭身チアがピンクビキニ姿で魅せた“ダイナイトボディ”にファン喝采!「非の打ちどころがない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ