• トップ
  • ニュース一覧
  • 「冨安も遠藤も優等生すぎる」「怒る人はいないの?」海外記者が指摘した“日韓の違い”。「韓国にはクレイジーな選手がいる」【現地発】

「冨安も遠藤も優等生すぎる」「怒る人はいないの?」海外記者が指摘した“日韓の違い”。「韓国にはクレイジーな選手がいる」【現地発】

カテゴリ:国際大会

江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

2024年02月06日

「技術的には誰が見てもアジアトップ」

ベスト8で敗れた日本(上)と4強に進んだ韓国代表(下)。写真:サッカーダイジェスト(現地特派)

画像を見る

 現在開催中のアジアカップで、ライバルである日本と韓国は対照的な結果となった。

 周知の通り、優勝候補の大本命だった森保ジャパンは、準々決勝のイラン戦で後半アディショナルタイムにPKを献上し、1-2で敗北。一方、日本に比べると下馬評が低かった韓国は、ラウンド16のサウジアラビア戦、準々決勝のオーストラリア戦と、いずれも終了間際に追いつく驚異的な粘りを見せ、ベスト4に駒を進めている。

 両国を比べて鮮明になったのが、やはり精神力だ。技術やコンビネーションは日本のほうが上回るが、ここ一番、とくに劣勢の時のメンタリティは劣っていたと言わざるをえない。

 韓国の大手紙『中央日報』などに寄稿しているフリーランスのホン・ジェミン記者も、「日本にはあまり怒る人はいないんですかね? 文化の違いかもしれませんが、イラン戦では覇気や戦う気持ちのようなものが伝わってきませんでした」と指摘する。

「アーセナルでの冨安(健洋)や、リバプールでの遠藤(航)も優等生すぎる気がします。ソン・フンミンやイ・ガンインはクラブでもけっこう感情を出します。ソン・フンミンは当時トッテナムのキャプテンだった(ユーゴ・)ロリスと口論したことがありました。イ・ガンインも自分のプレーに満足できないと、周囲に言ってしまうことがある」
【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!
 同記者は、今大会のあるシーンの着目。「オーストラリア戦では、ファン・ヒチャンがソン・フンミンに『PKを蹴りたい』と言って、決めました。普通では考えられませんが、韓国にはいい意味で“クレイジーな選手”がいます。そこが、韓国と日本の違いかもしれません」と見解を続けた。

「日本は、技術的には誰が見てもアジアトップ。ただ、ワールドカップで優勝すると言うなら、もう少しずる賢くならないといけないと思います。あまりにも優等生すぎるのではないでしょうか」

 W杯優勝はともかく、アジアを戦い抜くにも、気迫やタフさ、駆け引きの巧さなどが不足していたと言わざるを得ないだろう。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)
 
【記事】【森保ジャパン26選手の通信簿】まさかのベスト8敗退。A評価は2人にしか与えられない。“最低のD”だった3人は?[現地発]

【記事】「あそこまで悪くなるとは」「攻撃陣は特に反省」久保建英が語るイラン戦の“敗因”「前半は負ける気がしなかった」【現地発】

【記事】アズムンの涙を見たか。“史上最強”と謳われた日本代表に足りなかったメンタリティ。タレント力で勝てるほどアジア杯は甘くなかった【現地発コラム】
【関連記事】
【森保ジャパン26選手の通信簿】まさかのベスト8敗退。A評価は2人にしか与えられない。“最低のD”だった3人は?[現地発]
「決勝で日韓戦が見たかった」なぜ“ライバル”韓国の記者が森保Jの敗退を嘆くのか。「日本は危機に陥った時に修正する能力が低かった」【現地発】
【セルジオ越後】イランに後半は手も足も出ず完敗。ドイツやスペイン相手の勝利は消えたようなもの。やり直すために実力を認めるしかないよ【アジア杯】
「めちゃくちゃ」「ヨルダンに負けるかも」劇的な4強進出も...韓国代表を母国記者がばっさり【現地発】
アズムンの涙を見たか。“史上最強”と謳われた日本代表に足りなかったメンタリティ。タレント力で勝てるほどアジア杯は甘くなかった【現地発コラム】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ