• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本は“雰囲気”を作れなかった」イランに敗れ去った森保ジャパンの“勝負弱さ”を韓国メディアがズバリ指摘!「待望の日韓戦は消滅」【アジア杯】

「日本は“雰囲気”を作れなかった」イランに敗れ去った森保ジャパンの“勝負弱さ”を韓国メディアがズバリ指摘!「待望の日韓戦は消滅」【アジア杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月04日

イランは19年ぶりの日本戦勝利で48年ぶりの優勝へ前進

イラン守備陣を相手のポストワークで冴えをみせた上田(左)。フル出場を果たすも勝ち越しの一発は生まれなかった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 現地2月3日、日本代表はアジアカップ2023の準々決勝でイランと対戦し、1-2の逆転負けを喫した。28分に守田のゴールで先制するもその後が続かず、55分に同点とされてからは相手の猛攻を食らって防戦一方に。そして迎えた90+6分、板倉が痛恨のPKを献上し、これをジャハンバクシュに決められて終焉を迎えた。
【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!

 森保ジャパンの戦いぶりを詳報し続ける韓国メディアも、その完敗劇に驚きを隠せない。ネットメディア『News1』は「優勝候補同士が見応えある熱戦を繰り広げた。イランは実に19年ぶりの日本戦勝利で、48年ぶりとなるアジアカップ制覇に前進した」と報じ、日本のパフォーマンスに関しては「後半になって苦境に立たされた。三笘と南野を投入するなど打開を試みたが、ゴールへの道筋がまるで見えない。流れを引き戻せず、最後までゴールへの“雰囲気”を作れないままに押し切られた。ファイナルで実現するはずだった待望の日韓戦は消滅したのである」と続けた。
 
 さらにスポーツメディア『X Sports』は「イランは後半アディショナルタイムまで交代カードをひとつも使わなかった。最後までスタメンを信じた結果で、ゲームプランを貫いて勝利を掴んだ。日本は同点に追いつかれたシーンが痛恨だった。またしてもGK鈴木のキックミスからピンチを招いて失点。イランを勢いづかせる分岐点ともなった」と指摘する。

 アジアカップ2023は現地6日と7日に準決勝を開催。韓国とヨルダンが激突し、日本を下したイランは開催国カタールと雌雄を決する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「衝撃! 日本が沈没した!」イランに逆転で敗れ去った森保ジャパンに韓国メディアも驚愕!「最後の最後で守備がパニックを…」【アジア杯】

【画像】9頭身の超絶ボディ! 韓国チア界が誇る“女神”アン・ジヒョンの悩殺ショットを一挙チェック!

【記事】「カラダがえぐすぎる」韓国9頭身チアがピンクビキニ姿で魅せた“ダイナイトボディ”にファン喝采!「非の打ちどころがない」
【関連記事】
【日本1-2イラン|採点&寸評】後半は何もできずにあえなく敗戦。全選手が当然の及第点以下。痛恨PK献上の板倉滉と共に4点台にしたのは…
「衝撃! 日本が沈没した!」イランに逆転で敗れ去った森保ジャパンに韓国メディアも驚愕!「最後の最後で守備がパニックを…」【アジア杯】
「あまり言いたくないんですけど...」冨安健洋はイラン戦敗北をどう受け止める? チームの“熱量”にも言及「僕も含めて後半は特に感じられなかった」【アジア杯】
「韓国と比べれば違いは歴然!」ベスト8で敗退した森保ジャパンの“弱点”を中国メディアが大胆指摘!「あれだけ怠けていたら負ける」【アジア杯】
「カラダがえぐすぎる」韓国9頭身チアがピンクビキニ姿で魅せた“ダイナイトボディ”にファン喝采!「非の打ちどころがない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ