【J1】興梠2発で福岡を撃破! 浦和がJ1ホーム通算200勝を達成

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年03月12日

無失点勝利でメモリアルゲームに華を添える

2ゴールでチームを勝利に導いた興梠(30番)。チャンスをしっかりとものにした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは3月12日、3節の7試合を開催した。埼玉スタジアム2002では、14時に浦和対福岡がキックオフされた。

【J1 PHOTOハイライト】 浦和 2-0 福岡
 
 前節のホーム開幕戦で磐田に敗れていた浦和は、ズラタンに代えて李、宇賀神に代えて梅崎をスタメンで起用。前節から2人を入れ替えて挑んだ。
 
 立ち上がりから試合の主導権を握った浦和は、18分に関根のクロスに合わせた興梠のゴールで先制。そのまま1-0で前半を折り返すと、51分にも興梠が加点してリードを2点に広げる。
 
 一方の福岡は、ハーフタイムに新加入のダニルソンを入れ、さらに62分に平井、77分に坂田を投入。中盤から前に攻撃的な選手を送り込んでゴールを狙った。しかし、試合終盤のチャンスでウェリントンのヘッドは枠を外れ、生命線のセットプレーでもゴールならず。結局、1点も奪えないまま終了の笛を聞いた。
 
 試合は2-0で浦和が勝利。浦和は公式戦4試合ぶりの無失点で、J1ホーム通算200勝に華を添えた。
 
 2ゴールを挙げて勝利に導いた興梠は、「ホーム開幕戦で不甲斐ない試合をしてしまったので、今日結果が出てよかった」とコメント。16日(水)に行なわれるACL・広州恒大戦に向けても「ACLのタイトルはすごくほしいので、全力で勝ちにいきたい」と語った。
 
【関連記事】
【浦和】柏木陽介が語る「歴代最強の10番 」。中村俊輔、本山雅志、そして“あのストライカー”
【浦和】「3つのポイントで甘い」柏木陽介が指摘する致命的な守備の問題点とは?
【川崎】大久保嘉人を蘇らせた”風間再生工場”で、怪童・森本貴幸は復活できるのか?
【浦和】必然の大ブーイング。小林祐希に「逃げていた」とまで言われ、悔しくないか?
【J1】王者・広島、終了寸前の同点劇も3戦勝ちなし。湘南はまたしてもロスタイムの悪夢…
【G大阪】“3.11”への想いを込めた今野の一撃でホーム初勝利。「自分のプレーは地味だけど…泥臭く、最後まで諦めないところを見てもらいたい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ