• トップ
  • ニュース一覧
  • 「自分たちのサッカーが知れ渡ったのは嬉しい」攻撃的なスタイルで魅了した近江、MF山門立侑は誇らしげ。痛感した青森山田との“差”は?【選手権】

「自分たちのサッカーが知れ渡ったのは嬉しい」攻撃的なスタイルで魅了した近江、MF山門立侑は誇らしげ。痛感した青森山田との“差”は?【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

中川翼(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年01月09日

青森山田に1-3で敗戦

今大会通算3得点で、決勝でも躍動した山門。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権 決勝]青森山田(青森)3-1 近江(滋賀)/1月8日/国立

 1月8日に国立競技場で開催された高校サッカー選手権の決勝で、近江は青森山田と対戦。惜しくも1-3で敗れて、準優勝に終わった。

 近江は33分に先制を許したが、47分に右サイドを崩すと、金山耀太の折り返しを山本諒が押し込んで同点に追いつく。それでも60分に勝ち越し弾を決められると、70分にもオウンゴールを献上。その後、反撃に出たが、及ばなかった。

 今大会3ゴールをマークし、決勝でも躍動した近江のMF山門立侑は「相手の守備が堅くて、もう1点いきたかったですけど、勢いが出なかった」と悔やんだ。
【厳選ショット】後半に圧巻の勝負強さを発揮!3ゴールを奪い、2年ぶり4度目の優勝!|選手権決勝 青森山田3-1近江
「前半は相手も少し混乱していて自分たちの有利な状況もありましたが、時間が経つにつれて対応されて、持たされる時間が増えました。

(青森山田は)フィジカルに目が向けられがちですけど、一人ひとりの技術がしっかりしている。広くコートを使ってきて、その中でも技術がブレないところは差を感じました」

 それでも近江は、人とボールが流動的に動く攻撃的なサッカーを最後まで貫き、懸命に戦った。躍動感あふれるスタイルは、大会を通じて多くの人を魅了。山門はチームが世間の注目を集めた点について、以下のように語った。

「『世の中にインパクトを与える』というのは、もう一つの目標でもありました。自分たちがやっているスタイルは、他の高校ではそんなにないと思います。プレーしても楽しくて、見ている人も魅了するサッカーを求めてやってきたので、それが知れ渡ったのは嬉しいです」

 選手権の舞台は「楽しめた」という山門は、「自分がゴールを決めたのもそうですが、最高の仲間とここまで勝ち上がれて嬉しかったです」と達成感に満ちた表情を浮かべた。

取材・文●中川 翼(サッカーダイジェストWeb編集部)

「近江のサッカー好きだなぁ」「楽しかった」無念の準優勝も、魅力的なスタイルに称賛の声!元日本代表FWも感嘆「見ている人をワクワクさせる」【選手権】

中村俊輔、中田英寿、本田圭佑...なぜ選手権から多くの“スター選手”が生まれた? 印象深いのは桝太一アナウンサーの言葉 

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新19代目の藤﨑ゆみあまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
 
【関連記事】
「近江のサッカー好きだなぁ」「楽しかった」無念の準優勝も、魅力的なスタイルに称賛の声!元日本代表FWも感嘆「見ている人をワクワクさせる」【選手権】
「“三種の神器”で乗り切りました」近江の前田監督、会見でユーモア炸裂! 真面目に語る一方...「無敵なんですよ。眠たくならへん」【選手権】
「監督、前田ってあの前田かよ!」近江の快進撃にエスパ時代の元同僚が祝福! 野洲で全国制覇の乾貴士も注目「つよー」【選手権】
「本当に痛かった」青森山田戦で近江を象徴する同点弾に絡むも、キャプテンの金山が悔やんだのは…【選手権】
「いい試合やった」「最高に楽しかった」“元野洲”乾貴士が選手権ファイナルに感動「近江の皆さんお疲れさまでした!!」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ