• トップ
  • ニュース一覧
  • 「世界でも珍しい&凄いシステム」本田圭佑が日本の“部活動”に見解「沢山のトップアスリート輩出に大きく貢献」

「世界でも珍しい&凄いシステム」本田圭佑が日本の“部活動”に見解「沢山のトップアスリート輩出に大きく貢献」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年12月26日

「日本が世界トップクラス」

本田が日本の部活動について自身の考えを発信した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 本田圭佑が12月26日、自身の公式Xを更新。「日本がスポーツ大国の理由」に持論を述べた。

 37歳レフティは「いくつもあるわけやけど、個人的に1番はこれかなって思うのは、部活動」とし、「中学校や高校で部活による「ボトムアップ」がここまで国として機能してるのは日本が世界トップクラスというのは僕が知ってる限りでは間違いないと思う」と綴る。
【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新19代目の藤﨑ゆみあまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
「部活動でも指導者の格差や人数が少なくて出来ない競技がある」と課題にも言及し、「それでも事実として日本の部活は沢山のトップアスリート輩出に大きく貢献してきた世界でも珍しい&凄いシステムである」と見解を示した。

 自身も星稜高で名を馳せ、高卒でプロ入りし、日本サッカー界のトップにまで上り詰めた。そうした経験も“部活動”の価値を考える理由の1つかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】“選手権”から日本代表へ羽ばたいたヒーローたち! 当時の秘蔵ショットで振り返る!

「え? 裸かと思ったよ!」スイス女子代表のブロンド女子が披露した“全身ぴったりタイツ”姿にファン仰天!「ボディがはち切れそう」

「日本は7人なのに韓国は3人だけ」海外メディア選定の“アジアベスト11”に韓国メディアが悲嘆!「三笘がファン・ヒチャンよりも優れているとでも?」「遠藤? 南野?」など不満の声も
 
【関連記事】
中村俊輔、中田英寿、本田圭佑...なぜ選手権から多くの“スター選手”が生まれた? 印象深いのは桝太一アナウンサーの言葉
「化け物しかいないやん」「激アツ案件」本田圭佑創設「4v4U10」のレジェンドマッチに参加するメンバーが豪華絢爛
「俺のモノマネしたって?」本田圭佑、家長昭博の渾身コスプレに物申す!「お金ももらってないし訴えるわ」
「パリ五輪もあるので」本田圭佑の新たな夢はOAでのU-23代表入り? 夢を持たない人へ意見も「このワクワク感をなぜ放棄するのか」
「不要。変えるべきだ」本田圭佑が移籍期間に疑問を呈する!「現代の奴隷制度」「逆に不活発になりそう」など賛否続々

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ