• トップ
  • ニュース一覧
  • 「クボは忘れていなかった」古巣から鮮烈弾の久保建英、試合後の行動を現地称賛!「敬意を表わした」

「クボは忘れていなかった」古巣から鮮烈弾の久保建英、試合後の行動を現地称賛!「敬意を表わした」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年12月11日

公式戦13試合ぶりのゴール

かつての同僚ペドラサとマッチアップする久保。(C)Getty Images

画像を見る

 試合後の行動が注目を集めている。

 久保建英が所属するレアル・ソシエダは現地12月9日に行なわれたラ・リーガの第16節で、ビジャレアルのホームに乗り込み、3-0で危なげなく白星を挙げた。

 2020-21シーズンの前半戦にレンタルで半年間プレーした古巣との一戦で、久保は躍動。CKから38分に先制点をアシストすると、41分には追加点のプレアシストをマークする。

 さらに、前半アディショナルタイム3分には、右足で相手GKのニアサイドを射抜くシュートを突き刺し、公式戦13試合ぶりのゴールを決めてみせた。
【動画】ニアサイドを射抜く!久保が古巣ビジャレアル戦で決めた右足恩返し弾!
 この一戦は、25年前にアトレティコ・マドリーのファンに殺害されたソシエダのサポーター、アイトール・サバレタさんの追悼試合だった。

 ソシエダの選手たちは試合後、入場時も全員が纏った『A.ZABALETA』の25番のユニホームを着用。スペインメディア『El Desmarque』のギプスコア版は、その時の様子をこう伝えている。

「クボはアイトール・サバレタのことを忘れていなかった。試合終了後、数人の選手がアイトール・サバレタに敬意を表わして再びユニホームを着た。その中には、殺害されたファンの名前が前に見えるように後ろ向きに着ていたタケ・クボもいた」

 マン・オブ・ザ・マッチに輝いた久保は試合後、背番号と名前が見えるように、前後ろに逆にユニホームを来た姿で、こう発言している。

「今日はファン、クラブ、そして僕たちにとってとても重要な日だった。彼も僕たちのゲームにとても満足してくれると思う。僕たちは魂を込めて戦い、非常に強かったので、それが結果に表れた」
 
 現地メディアも注目する、素晴らしい振る舞いだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】現地メディアに称賛された久保の振る舞い
 
【関連記事】
「チームメイトからしたら、何してんねんという話」1G1Aの久保建英、アジアカップ招集に言及「9試合ぐらい出られない可能性もあるんで」
「クボはエレガントだ」全得点関与の久保建英がユニホームをプレゼントしたのは? まさかの相手に現地注目!「特別な選手であると証明」
「理由がわからない」全得点関与の“久保劇場”に古巣ビジャレアルの指揮官が愕然!「10分も経たないうちに3ゴールを許してしまった」
「全3ゴールに関与」、勝利の「決定要因」1G1Aの久保建英をスペイン大手紙が絶賛!「またしてもMVPだ」
「魂を込めて戦った」「彼も満足してくれると思う」1G1Aの久保建英、殺害されたソシエダファンへ捧げる “追悼コメント”に現地感嘆「日本人は心のこもった言葉を発した」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ