【ACL】遠藤のゴールは実らず。G大阪がホームでメルボルンと引き分け、公式戦未勝利が4に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年03月02日

遠藤のヘディングシュートで追いつくも、あと1点が奪えず。

【警告】G大阪=なし メルボルン=バーバルーゼス(35分)、インガム(45+1分)
【退場】なし

画像を見る

 ACLのグループステージ第2戦が3月2日、各地で行なわれた。19時キックオフのゲームでは、G大阪がオーストラリアのメルボルン・ビクトリーをホームに迎え撃った。

 2月20日のゼロックス・スーパーカップから勝星がないG大阪は、遠藤や宇佐美らがスタメン出場。怪我で離脱中の丹羽と、まだコンビネーションが噛み合っていないアデミウソン以外は、ベストと言える布陣で臨んだ。

 しかし、そんな必勝態勢のホームチームは、開始わずか3分にセットプレーから失点してしまう。CKに合わせたアンセルのシュートをオ・ジェソクがブロックしたが、こぼれ球に反応したアンセルに再びシュートを打たれ、ネットを揺らされた。

 いきなりビハインドを背負ったG大阪はその後、1トップのパトリックを起点に攻撃を仕掛ける。しかし、ゴールを奪えないまま、0-1で前半を折り返した。

 仕切り直しの後半は、立ち上がりからG大阪が攻勢に出た。高い位置からのプレスで相手のミスを誘いつつ、ボールを奪えばボランチが上手く時間を作ってサイドに展開。左SBの藤春が積極的にオーバーラップして圧力をかけた。
 
 そうした流れのなか、G大阪にゴールが生まれたのは57分だった。CKのチャンスに、合わせたのは遠藤だ。ニアに選手が密集するなか、ひとりファーサイドで待ち構え、どフリーでヘッドをねじ込んだ。遠藤にしては珍しい頭でのゴールで、試合を振り出しに戻した。
 
 このゴールでリズムを掴んだG大阪は、終了間際にもビッグチャンスを作るが、相手GKの好セーブにあってゴールならず。そのまま1-1で試合は終了した。
 
 同点弾を挙げた遠藤は、「ホームで勝点3を目標にしていたので残念な結果だった」。G大阪は、これでACL2試合連続でのドロー。ゼロックス・スーパーカップを含めた公式戦でも、いまだ未勝利(2分2敗)と苦しい状況が続いている。
 

ヘディングシュートで同点弾を決めた遠藤(7番)。80分には正確なFKをパトリックに合わせ、あわや逆転という場面を作ったが……。(C)Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ