• トップ
  • ニュース一覧
  • 「カマダがいると、ずっと10人でプレーするようなもの」精彩欠いた鎌田大地をフル出場させたラツィオ指揮官を伊識者が痛烈批判!「2週間準備して最下位に逆転負けか?」

「カマダがいると、ずっと10人でプレーするようなもの」精彩欠いた鎌田大地をフル出場させたラツィオ指揮官を伊識者が痛烈批判!「2週間準備して最下位に逆転負けか?」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年11月26日

「自分の好きなように仕事をさせることができた」

サレルニターナ戦でフル出場した鎌田。(C)Getty Images

画像を見る

 現地11月25日に開催されたセリエAの第13節で、鎌田大地がプレーするラツィオは最下位のサレルニターナとアウェーで対戦。43分に、チーロ・インモービレのPKで先制したものの、後半に逆転を許して、1-2で敗れた。

 出場停止のルイス・アルベルトに代わって4-3-3の左インサイドハーフに入り、9試合ぶりとなるスタメン入りを果たした鎌田は、しかし精彩を欠く。フル出場したものの、存在感を発揮できなかった。

 ラツィオの専門メディア『La Lazio siamo noi』によれば、『Er Faina』でカルチョの情報を発信しているダミアーノ・エル・ファイナ氏は、自身の公式Xでチームとマウリツィオ・サッリ監督を痛烈に批判した。
【動画】鎌田がフル出場したサレルニターナ戦のハイライト
「サッリは(代表ウィークの)2週間、ラ・ロサの実質的にほぼすべてのチームを自由に使えるように、自分の好きなように仕事をさせることができた。3日ごとにプレーすることもなく、遠征することもない。そしてその結果が、今シーズンこれまで一度も勝ったことがなかった最下位のチームに逆転負けをしたということか?」

 同氏は「おめでとうございます。特に今日、カマダとプレーするのは、試合中ずっと10人でプレーするようなものだと気付かなかったのだ」と皮肉っている。

 過密スケジュールでもなく、準備期間もあったなかで敗れたチームを厳しく糾弾している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「カマダに関するとんでもない噂」苦境の鎌田大地、古巣フランクフルトに電撃復帰の可能性を独紙報道!「サプライズがあるかも」
【関連記事】
「プレーが遅く、周囲から外れている」“絶好機”を逃した鎌田大地、伊メディアは連係不足を糾弾「彼だけ時間軸が違う」
「カマダに関するとんでもない噂」苦境の鎌田大地、古巣フランクフルトに電撃復帰の可能性を独紙報道!「サプライズがあるかも」
「期待していたが大間違い」9戦ぶり先発でフル出場の鎌田大地、現地メディアから酷評相次ぐ「サッリは背番号6に頼ったが…」
「パフォーマンスを発揮していない選手が多すぎる!」鎌田大地を久々に先発起用したラツィオ指揮官、最下位に敗北で激怒!「個性も主体性もない」
「文化的に別世界」「非常に知的」鎌田大地の人間性にラツィオMFが驚嘆「ダービーの前も信じられないほど...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ