• トップ
  • ニュース一覧
  • W杯アジア2次予選がいよいよスタート。日本代表の対戦スケジュールと勝ち上がり条件をチェック

W杯アジア2次予選がいよいよスタート。日本代表の対戦スケジュールと勝ち上がり条件をチェック

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年11月16日

上位2か国が3次予選へ

11月16日はミャンマー戦。日本は勝利を飾れるか。写真:金子拓哉(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 26年開催の北中米ワールドカップ本大会に向け、いよいよアジア2次予選がスタート。2次予選は4か国ずつ9つのグループに分かれ、2023年11月から2024年6月にかけてホーム&アウェー方式で行なわれる。その戦いを経て、アジア3次予選に進めるのは各グループの上位2か国だ。

 グループBの日本は、シリア、北朝鮮、ミャンマーと同居。対戦順は以下とおりだ。

2023年11月16日 ミャンマー(H)
2023年11月21日 シリア(A)
2024年3月21日 北朝鮮(H)
2024年3月26日 北朝鮮(A)
2024年6月6日 ミャンマー(A)
2024年6月11日 シリア(H)

 日本は当然ながらミャンマー、シリアに勝利して、来年3月の北朝鮮との連戦に臨みたいところ。最初の2試合のうちひとつでも引き分けると、プレッシャーがかかるか。とはいえ、3次予選に進めるのは上位2か国。突破へのハードルは決して高くない。  

 このグループの行方を左右しそうな対戦カードのひとつが、2023年11月16日のシリア対北朝鮮だ。ここでの勝敗は要チェックだろう。
 
 ちなみに、アジア3次予選は、勝ち上がった18か国が6チームずつ3つのグループに分かれ、2024年9月から2025年6月にかけてホーム&アウェー方式で行なわれる予定だ。その戦いを経て、各組上位2か国はワールドカップ出場権を獲得する。

 3次予選で各組の3、4位になった計6か国は2025年10月に4次予選を戦う予定だ。3チームずつ2つのグループに分かれ、各組の1位がワールドカップ出場権を獲得する。

 2025年11月に開催予定の5次予選は、4次予選の両グループで2位となったチーム同士で対戦する方式(ホーム&アウェー)。その勝者が大陸間プレーオフに進む。

 本大会の出場国が48に増え、アジア枠が「8.5」になったおかげで本大会への道のりは過去のワールドカップに比べて緩やかになっている。

構成●サッカーダイジェストTV編集部

「三笘OUT...」負傷者続出の森保ジャパンに韓国反応「2次予選を前に連鎖的な怪我に悩まされている

【日本代表】ミャンマー戦で三笘離脱の左サイドに誰を起用する?森保監督が言及「拓実も拓磨もやっている」

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
【関連記事】
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「走れない闘えない努力もしない口先だけは立派な史上最低イレブン」刺激的な横断幕と大ブーイング。異様な雰囲気に包まれた大宮アルディージャの最終戦セレモニー
「衝撃的だった」中田英寿が“驚愕したチームメイト”を回想!「彼ほどボールを蹴るのが上手い選手を見たことがない」
なぜ三笘薫は一度も練習参加せずに離脱する事態となったのか。森保監督が説明「足の張りという情報は入っていたが...」
三笘ら招集メンバー5人が途中離脱も緊急事態ではない。むしろ、森保監督は腕の見せどころだ【日本代表】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ