接戦を制した横浜がACL2戦目でGS初白星!水沼宏太の豪快ボレー弾で山東泰山を1-0撃破

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年10月03日

初戦の仁川戦は2-4で敗戦

37分に決勝点を決めた水沼。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現地時間10月3日に開催されたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第2節で、横浜F・マリノスは山東泰山(中国)と敵地で対戦した。

 横浜は11分、加藤聖とのワンツーで左サイドを突破したエウベルがクロスを供給。これを植中朝日が落として、最後はナム・テヒがシュートを放ったが、相手GKに防がれた。

 22分には、ロングボールからチェン・プーに最終ラインの背後に抜け出されて、ピンチを迎えたが、オフサイドの判定となった。

 試合が動いたのは37分。横浜は、ナム・テヒとのコンビネーションで左サイドを突破したエウベルの折り返しに、水沼宏太がダイレクトで合わせて先制点を奪った。このまま前半を1点リードで終える。
【動画】エウベルの折り返しに合わせた水沼宏太の鮮やかボレー弾!
 後半に入り49分、自陣でボールを奪われてクリサンにミドルシュートを浴びたが、左のポストに直撃し、救われた。その直後には、カウンターからエウベルのロングパスに抜け出したナム・テヒのパスから植中がネットを揺らしたが、直前のプレーがオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。

 84分、ヤン・マテウスのアーリークロスを宮市亮が頭で落として、植中が左足で狙うも、相手GKにキャッチされた。

 その3分後には、FKからモイゼスのボールをクリサンに頭で合わされたが、右のポストに直撃した。

 試合はこのまま1-0で終了。初戦の仁川ユナイテッド(韓国)戦では2-4で敗れて黒星発進となった横浜だったが、グループステージ2戦目で初勝利を飾った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「信じられない行為を犯した」ACLデビューのネイマール、警告を受けたプレーに非難の声「欲望が彼を滅ぼした」

「日本のみなさん、すみませんでした」元ジェフの申在範が北朝鮮の暴挙を謝罪「俺の中では追放なんです」【アジア大会】

6万人のサポーターが待っていたのに…ACLで衝撃のドタキャン。ベンゼマらを擁するサウジ王者が対戦を拒否した理由は?

 
【関連記事】
「信じられない行為を犯した」ACLデビューのネイマール、警告を受けたプレーに非難の声「欲望が彼を滅ぼした」
「日本まで来てくれましたよ」槙野智章、中国・武漢三鎮からのオファー明かす!「丁重に断らせていただきました」
6万人のサポーターが待っていたのに…ACLで衝撃のドタキャン。ベンゼマらを擁するサウジ王者が対戦を拒否した理由は?
「史上最悪の非礼」「日本のスタッフに拳の脅威」殴る仕草で威嚇...北朝鮮の愚行を韓国メディアが糾弾!「実力もマナーも劣っている」【アジア大会】
「日本のみなさん、すみませんでした」元ジェフの申在範が北朝鮮の暴挙を謝罪「俺の中では追放なんです」【アジア大会】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ