• トップ
  • ニュース一覧
  • 開幕6戦4敗、直近3戦10失点…マンU指揮官「バイエルンから3Gも取れば勝点1は取らないと」「真っ向勝負を挑んだが相手が勝った」

開幕6戦4敗、直近3戦10失点…マンU指揮官「バイエルンから3Gも取れば勝点1は取らないと」「真っ向勝負を挑んだが相手が勝った」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年09月21日

「彼らの勝ち方を見て、自分たちも運を掴まなければならない」

マンUを率いる、オランダ人指揮官テン・ハーフ。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間9月20日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第1節で、マンチェスター・ユナイテッドは、バイエルン・ミュンヘンと敵地で対戦。開幕5戦で3敗と苦しむなか、CLで流れを変えたいところだったが、3-4で敗れた。

 クラブの公式サイトによれば、エリク・テン・ハーフ監督は試合後、自分たちを破ったライバルクラブを見習う必要があると語った。

「人々が見たものは、非常に高いレベルのものだ。アーセナル戦、バイエルン戦、ブライトン戦。すべてトップレベルのチームで、我々は真っ向勝負を挑んだが、相手が勝った。彼らの勝ち方を見て、自分たちも運を掴まなければならない。それは絶対的な決意と関係がある。フットボールでは誰も何もしてくれないんだから」

 相手の先制点は、アンドレ・オナナが緩めのシュートを前に弾き切れずに許したものだった。レジェンドOBリオ・ファーディナンド氏は「(あのゴールの)責任はすべて彼にある。難しいシュートではなかった」と糾弾したが、指揮官は1人を責めたりは決してしない。
【動画】せめて前に弾きたかった…オナナの痛恨ミス
「フットボールにはミスがつきものだ。これはアンドレだけのミスではないし、後半には素晴らしいセーブを見せてくれた。彼は自分の能力を示し、立ち直るだろう。とても重要な選手だ」

 テン・ハーフ監督はまた、「バイエルンで3ゴールも取れば、少なくとも勝点1は取らなければならない」と口にした。難敵に3発を叩き込み、得点力向上への兆しが見えた一方で、直近3試合で10失点を喫している守備の立て直しが急務だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「めちゃくちゃ文句を言う」鎌田大地が現日本代表の“雰囲気”を告白「我が強い奴ばっかり。外人みたいで大変」

日本代表で最もシュートが上手いのは? 松井大輔の問いに守護神シュミットが回答!「本当にすげぇの来る。絶対取れないじゃん…」

【PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地観戦する選手たちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
【関連記事】
痛恨後逸でバイエルンに流れを引き渡す…マンU守護神が猛省「負けたのは自分のせい」「僕にとって最悪の試合の1つ」
「責任は全て彼。今季のユナイテッドを象徴」レジェンドOBが痛恨ミスのマンU守護神を酷評! 緩いシュートをまさかの…
「なぜ最後まで出さんの?」「勝てたのに采配ミス」また久保交代後に失点でドロー。繰り返される悪夢に不満の声続出「交代選手の質が低すぎる」
「十分に役割を果たした」途中出場でCLデビューを飾った冨安健洋、地元メディアは上々の評価!「ジンチェンコよりもはるかに…」
「女性の場合、試合前の“夜の営み”は普通。でも…」ロシア女子代表GKの赤裸々発言が大反響!過去には「最も美しい20人のアスリート」に選出

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ