• トップ
  • ニュース一覧
  • 「なんとか逃げ切った…」6戦目で“クリンスマン号”がようやく初白星も韓国メディアの反応は冷ややか!「サウジが弱すぎた」「日本との立場の違いが…」

「なんとか逃げ切った…」6戦目で“クリンスマン号”がようやく初白星も韓国メディアの反応は冷ややか!「サウジが弱すぎた」「日本との立場の違いが…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年09月13日

「勝利ではカバーしきれない悔いの残る試合だった」

チョ・ギュソン(左)の先制点を喜ぶイ・ジェソン(右)。韓国はこの虎の子の1点を守り切った。(C)Getty Images

画像を見る

 負け方によっては解任の危機さえ囁かれていたが、かろうじて踏ん張った格好だ。

 現地9月12日、英ニューカッスルで開催された親善試合で韓国代表はアジアのライバルであるサウジアラビアと対戦し、1-0の勝利を挙げた。32分にチョ・ギュソンが頭で決めた先制点を守り切り、今年3月に就任したユルゲン・クリンスマン監督にとっては6戦目にして初の白星。それまでドイツ人指揮官は3分け2敗で批判の矢面に立たされ、その自由奔放すぎる言動が物議を醸してはバッシングの呼び水となっていたが、ようやくひと息ついた。

 ただ、「無色無臭」と揶揄されてきたチームパフォーマンスが劇的に向上したわけでもなく、韓国メディアの反応は冷ややかだ。

 ニュースメディア『OSEN』は「シュート数が19本対7本で圧倒したようにも見えるが、守備は終始不安定で、なんとか逃げ切ったゲームだった」と手厳しい。「サウジは大して脅威でもなかったが、終盤は主導権を引き渡してしまい、1点を守るのが精いっぱい。守備強化の選手交代も効果が乏しく、キム・ミンジェの奮闘で耐え凌いだ」と評した。
 
 さらに同メディアは「1点差での勝利に満足せざるをえない。ヨーロッパでの初勝利であり、クリンスマン監督の初勝利でもある。しかし、相手が弱すぎた事実と、試合内容が良くなかった点を忘れてはならない。勝利ではカバーしきれない悔いの残る試合だった」とレポートしている。

 専門誌『FourFourTwo』は同日にトルコと対戦した日本代表を引き合いに出し、「日本はドイツ戦からスタメンを10人も変えたという。翻って、韓国はウェールズ戦からファン・ヒチャンひとりを変更しただけだ。テストマッチとはいえ、そこに両国の置かれた立場の違いが如実に表れている」と伝えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!

【画像】9頭身の超絶ボディ! 韓国チア界が誇る“女神”アン・ジヒョンの悩殺ショットを一挙チェック!

【画像】SNSフォロワー数が1300万超! スイス女子代表のブロンド美女、アリシャ・レーマンが魅せる厳選ショット集をお届け!
【関連記事】
「異常な振る舞いだ!」クリンスマン代表監督、相手選手への“ユニおねだり”に韓国メディアは唖然! ロンドンでのOB戦参加はさすがに…
「日本と毎週でも試合がしたい」韓国代表のクリンスマン監督が“日韓戦定期化”を切望!「米国はメキシコ戦で強くなった」
「えげつないボディよ!」韓国9頭身チアが“ドッカン水着”姿でファン悩殺!「スタイルに磨きがかかる」
「狂気の沙汰だ!」トルコを4発撃破した森保ジャパンを韓国メディアが激賞!「型破りな布陣にもかかわらず…」
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ