• トップ
  • ニュース一覧
  • 「自分の決めた道ならやってこい」岡山からオランダ挑戦の佐野航大、支えになった兄・海舟の存在「リスペクトしている」

「自分の決めた道ならやってこい」岡山からオランダ挑戦の佐野航大、支えになった兄・海舟の存在「リスペクトしている」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年08月16日

「兄を超えたとは思っていない」

岡山で1年半プレーし、今夏にオランダに旅立つ佐野。写真:滝川敏之

画像を見る

 地元クラブであるJ2ファジアーノ岡山から、NEC(オランダ1部)への移籍が決まった佐野航大が、8月15日に会見を実施。その言葉の節々に兄・佐野海舟(鹿島アントラーズ)への思いが垣間見えた。

 3歳上の海舟は米子北高から2019年にFC町田ゼルビアに加入。2年目にはJ2リーグで41試合に出場するなど地位を確立し、今季は鹿島へと移籍した。

 昨季に兄と同じ米子北高から岡山に加入した航大は、その理由を「地元で活躍したいという思いと、町田でやっている兄とプロの舞台で戦いたかった」と、海舟との対戦も理由の1つだったと明かす。
【PHOTO】 アウェー大宮に駆けつけたファジアーノ岡山サポーターたち!
 また岡山で最も印象に残っているゴールに、昨季のJ2第34節・町田戦でのそれを挙げている。

 当時、海舟は疲労性の腰痛に苦しんで欠場が続き、この試合も不在だった。航大はミドルシュートでゴールを決め、兄の背番号「6」を指で示した。

「あの時期はノっているなという感覚があって、兄にもいろいろあったなかで町田との対戦はすごく気合いが入っていた。前期(第4節)も対戦してコテンパンにされて、兄は出られなかったけど、やり返したいという気持ちもあった」

 この得点は自身にとってホーム初ゴールで、試合後にはプロ初のヒーローインタビューも経験。このゲームは「これからも忘れることはない」と振り返っている。

 そして、海外移籍の決断を家族へ報告した際には、「『自分の決めた道ならやってこい』と父と兄に言われた」と背中を押されたという。J1の舞台で主力として活躍するMFを「リスペクトしているし、まだ自分は兄を超えたとは思っていない。家族の支えは大きい」と、存在の大きさを述べた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「岡山でプレーできて良かった」NEC移籍の佐野航大がファジアーノでの1年半を振り返る。地元から世界へ「夢を与えられる選手になる」

「昨年初めて海外の相手と戦って…」念願だったオランダ移籍。岡山から欧州挑戦の佐野航大、転機となった世代別代表の経験

「衝撃的な敗北。大惨事の末に決勝を逃す」日本を破ったスウェーデン、痛恨失点での敗戦に母国メディアは悲嘆!「悪夢のような数分間」【女子W杯】
【関連記事】
「岡山でプレーできて良かった」NEC移籍の佐野航大がファジアーノでの1年半を振り返る。地元から世界へ「夢を与えられる選手になる」
「昨年初めて海外の相手と戦って…」念願だったオランダ移籍。岡山から欧州挑戦の佐野航大、転機となった世代別代表の経験
「一人の青年の夢が叶う後押しをしたい」佐野航大のオランダ移籍に、J2岡山社長が声明「世界で活躍する地元出身の選手を応援できる一歩」
「衝撃的な敗北。大惨事の末に決勝を逃す」日本を破ったスウェーデン、痛恨失点での敗戦に母国メディアは悲嘆!「悪夢のような数分間」【女子W杯】
「何ですぐに海外に行かなかった?」五輪戦友の疑問に前園真聖が激白! 伊東輝悦は「どうしていいか分からない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ