なでしこJの次戦相手、ノルウェーはどんなチーム? 指揮官は過去に日本でプレー経験あり

カテゴリ:女子サッカー

西森彰

2023年08月02日

日本が苦しめられてきた「高さ」という武器

8強進出をかけてノルウェーと対戦。日本の新たな戦いが始まる。(C)Getty Images

画像を見る

 なでしこジャパンがラウンド16で対戦するノルウェーは、第2回の女子世界選手権(現・女子ワールドカップ)を制した古豪だ。現在のFIFAランキングでは12位で、11位の日本の下に位置する。

 指揮を執るのは、ヘーゲ・リサ監督。なでしこリーグの前身・日本女子サッカーリーグ時代に、日興證券女子サッカー部ドリームレディースでプレーした経験がある。東京五輪の時は、イングランドを中心としたイギリス代表チームの監督として、日本と相対した。

 選手では、しばらく代表活動から離れていた、女子バロンドール獲得者の14番のアーダ・ヘーゲルベルグが加わったが、グループステージ(GS)初戦のあとは出場していない。第3戦のフィリピン戦では、その代役を務める22番のソフィー・ローマン・ハウグが、相手ゴール前の制空権を確保。そして、左右から上がるハイクロスに合わせてチャンスを量産し、ハットトリックを達成している。

 フィリピンのサイドを攻略して、クロスの発射台になっていたのが、18番のフリーダ・マーナムと、20番のエミリエ・ボスハード・ハーヴィ。守備陣にハイボールだけに意識を集中させると、10番のキャロライン・グラハム・ハンセンが切り込んでくる。

 グラハム・ハンセンは、マーナムとポジションを入れ替えて右サイドに張る時間帯もあった。8番のヴィルデ・ボー・リサが、最終ラインの前でアンカーとしてボールを左右に散らしていた。
【PHOTO】長谷川唯のダブルピース、猶本光の決めカット、熊谷紗希のキラキラネイル...なでしこジャパンFIFA公式ポートレートギャラリー
 ディフェンスは4バックで、要となっているのが6番のマレン・ネーヴダル・ミェルデ。フィリピンが前にかけてくる時間帯は、自陣深めでボールを回し、相手の陣形を間延びさせていた。

 監督会見では次戦の相手をスペインと想定した質問が出ていたが、ミュルデ自身は「スペインも、日本も、同じように良いチーム。何が起こってもおかしくはない」とミックスゾーンで答えていた。

 第2戦を終えた時点ではグループAの最下位に沈むなど、薄氷のGS突破。右サイドバックを務める13番のテア・ビエルデが、相手のハードコンタクトで負傷し、杖のサポートを受けながら会場を後にしていた。そうしたダメージは残っているが、「高さ」という、過去のなでしこジャパンが苦しめられてきた要素を持つだけに軽視できない。

 日本としては、パスの出所を叩くのか、以前よりも高さを増した最終ラインで弾き返すのか、仕事をするスペースを消すのか。負けたら終わりのノックアウトステージで、なでしこジャパンの新たな戦いが始まる。

取材・文●西森彰(フリーライター)

「許されない大失敗」「史上最悪の敗戦」歴史的惨敗の中国女子、初のGS敗退で母国メディアが辛辣批判!「精神力だけでは通用しない」

「アジアの光だ。清掃も大好き」快進撃なでしこJに、敗退した中国のファンから称賛相次ぐ!「日本は世界のトップチームだ」

【PHOTO】華やかにピッチで躍動!豪州&NZ女子W杯、美女プレーヤーを特集!
【関連記事】
「許されない大失敗」「史上最悪の敗戦」歴史的惨敗の中国女子、初のGS敗退で母国メディアが辛辣批判!「精神力だけでは通用しない」
「アジアの光だ。清掃も大好き」快進撃なでしこJに、敗退した中国のファンから称賛相次ぐ!「日本は世界のトップチームだ」
世界の評価ががらり一変! 米メディアは“衝撃のなでしこ”をパワーランキング上位に軒並み認定!「恐怖でしかない」「ピークに持ってきた」
「真の優勝候補だ」3連勝のなでしこJをアメリカ代表のOG&元監督が絶賛!「スペインを圧倒し、絶好調」
なでしこJの“強豪粉砕”16選手をブラジル人記者が採点!「完璧なプレー」の宮澤と並ぶ最高点は?「スペインを無力化した天才」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ