• トップ
  • ニュース一覧
  • 「絶対に負けられない」古巣戦で輝いた町田FW藤尾翔太。1トップ起用で勝利に導くも慢心なし「やっぱりゴールは欲しい」

「絶対に負けられない」古巣戦で輝いた町田FW藤尾翔太。1トップ起用で勝利に導くも慢心なし「やっぱりゴールは欲しい」

カテゴリ:Jリーグ

藤井圭(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年07月30日

2ゴールに絡む活躍

1トップ起用に応えた藤尾。写真:福冨倖希

画像を見る

[J2第28節]町田 2-1 徳島/7月29日/町田GIONスタジアム

 J2首位を走るFC町田ゼルビアだが、前節はジェフユナイテッド千葉に1-3と完敗。立ち直すべくホームに迎えた相手は、前回対戦で逆転負けを喫した徳島ヴォルティスだった。

 千葉戦から布陣と複数のメンバーを変更した黒田剛監督は、最前線に藤尾翔太を起用する。国立競技場で行なわれた東京ヴェルディ戦以来、2試合ぶりの先発だった。
【PHOTO】暑さの中、選手と共に戦ったFC町田ゼルビアサポーターを特集!
 指揮官はその意図を次のように説明している。

「藤尾は前でキープして時間を作ったり、相手の嫌なところに走ったりすることがすごく上手。そこを狙いとした」

 その采配は的中する。1トップで身体を張ってボールをキープし、前を向くと相手の背後を狙って走り出す。ゴールこそ奪えなかったものの、32分にエリキの先制点をアシストすれば、68分には身体の強さと前への推進力で右サイドを突破し、鋭いクロスで決勝点となるオウンゴールを誘発。黒田監督も「スタメンで思い切って使ってみたら成果が出た」と称えた。

 藤尾も今節を「絶対に勝たないといけない試合」と位置付けて挑んだ。そのなかで「サイドに抜ける動き出しやゴールに向かう意識があった」ことが好機創出につながった。

 そして今節の相手は、自身が昨季所属していた徳島。「他のチームに比べて試合前からゾクゾクした」と武者震いのようなものを感じていたという。

 だからこそ、ゴールも欲しかった。藤尾は両チーム最多となる7本のシュートを放ったが、自らのゴールは「0」。満足はしていない。

「やっぱりゴールは欲しい。(柿谷)曜一朗君に決定機を2つ阻止されて、さすが嗅覚を持っているなという感じ。ただ、それ以外にも決めるところがあったので、そこは課題だと思う」

 エリキやミッチェル・デューク、中島裕希ら実力者たちとJ2首位の町田で切磋琢磨し、22歳はさらなるレベルアップを目ざす。

取材・文●藤井圭(サッカーダイジェストWeb編集部)

「我々のサッカーに向き合って取り組んでくれた」町田の黒田剛監督が選手たちを称賛。前節の敗戦を糧に勝点3を掴む

【厳選ショット】前節の敗戦を払拭する勝利!昇格に向けて大きな勝ち点3を獲得!|J2第28節 町田2-1徳島

サッカーが遊びからプロに変わった瞬間は? しばしの沈黙のあと、FC町田ゼルビアの翁長聖が口にした予想外の回答
 
【関連記事】
さすが影山優佳、鄭大世の“おねだり”を笑顔でかわす!槙野智章は「VARなら完全に一発レッド」と指摘
「正直ショックすぎる」鄭大世、町田のレジェンド深津康太の移籍に見解「大きな損失と言わざるを得ない」
「めちゃくちゃ文句を言う」鎌田大地が現日本代表の“雰囲気”を告白「我が強い奴ばっかり。外人みたいで大変」
「普通の大人でも躊躇する振る舞いをできる凄さがある」黒田監督が称賛した“元教え子”は?「ずる賢い部分もあって」
「守備やばいな」「中学生でも見られない」三笘がアシストも...ブライトン、まさかの“お見合い”で失点に批判殺到!「プロでも起こるんだな」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ