【福岡/新体制】2年目を迎える井原監督。J1残留に自信

カテゴリ:Jリーグ

中倉一志

2016年01月12日

「十分にJ1で戦っていけるメンバーが揃った」(井原監督)

前列左から實藤友紀、竹原靖和アシスタントコーチ、鈴木健仁チーム強化部長、井原正巳監督、川森敬史代表取締役社長、古部健太、兼田亜季重。後列左からキム・ヒョヌン、為田大貴、下坂晃城。

画像を見る

 福岡は1月11日、2016シーズン新体制発表会を行ない、新戦力、ならびに今シーズンの方針について発表した。

 まず挨拶に立った川森敬史代表取締役社長から発表されたスローガンは「子供たちに夢と感動を!」。J1の舞台で新たな挑戦を始めるにあたって、改めてクラブスローガンを胸に刻んで戦っていくとの意思を表現したものだ。

 目標に向かってひたむきに、一生懸命に取り組み、最後までやり抜く強い姿勢がJ1で結果を出すことにつながり、その結果、福岡に関わる人たちに夢を与えられるクラブになれるとの想いが込められている。
 
 そのスローガンのもと、新たに獲得した選手は8人(冨安健洋はU-18日本代表のロシア遠征のために不参加。イ・ボムヨンは23日合流予定)。補強方針は、昨季に築き上げたベースを維持し、J1で戦うために、さらにチームのレベルアップを図るというもの。

 MF酒井宣福、GK中村航輔が抜けたポジションを埋めるとともに、J1でも堅固な守備をベースにした戦い方を維持するために、J1の経験がある選手、スピードのある選手を中心に守備陣を整えた。
 
 そして、監督として2年目のシーズンを迎える井原正巳監督は、昨シーズンに培った土台がJ1でどれだけ通用するのかが楽しみとする一方で、J1とJ2の間にある差を、開幕までの7週間でどこまで埋められるか、そして、チームとしての力を、どこまで上乗せできるかが、J1で戦っていく上での鍵になると話す。

「昨年からいるメンバーを含めて、十分にJ1で戦っていけるメンバーが揃ったと思っている。自信を持って、いいチームを作っていきたい」。力強く話す井原監督と新たなメンバーを加えたチームが、どのような姿でJ1の舞台に登場するのかに注目したい。
 
取材・文:中倉一志(フリーライター)

■2016年のメンバーリスト
Pos. No. 名前
GK 神山竜一
23 イ・ボムヨン
25 兼田亜季重
 
 
 
 
DF
 
 
 
 
濱田水輝
阿部 巧
實藤友紀
16 三島勇太
18 亀川諒史
19 堤 俊輔
20 キム・ヒョヌン
21 冨安健洋
22 中村北斗
26 田村 友
30 下坂晃城
 
MF
 
中原秀人
13 為田大貴
15 末吉隼也
29 古部健太
33 鈴木 惇
 
 
FW
金森健志
中原貴之
10 城後 寿
11 坂田大輔
14 平井将生
17 ウェリントン
27 邦本宣裕
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ